ホーム > 定例会議 > 令和3年 > 定例会議の開催状況【令和3年11月17日(水曜日)】

更新日:2022年2月21日

ここから本文です。

定例会議の開催状況【令和3年11月17日(水曜日)】

日時

令和3年11月17日(水曜日)

出席者

  • 公安委員会
    冨田委員長、本間委員、寺門委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長

審議事項

なし

報告事項

事件

なし

施策等

交通事故発生状況について

交通部長から、交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「事故が起きやすい場所等の傾向について、原因を見直すことが大切である。」旨の意見が出された。
また、委員から、「飲酒運転による死亡事故の発生が全国でワースト3位というのは極めて残念であるが、飲酒運転をしたドライバーの飲酒場所などの特徴について掘り下げて分析してはどうか。」旨の意見が出された。
さらに、委員から、「自動車の前照灯を、早めに点灯させている方と暗くなっても点灯されない方で非常に個人差がある。ドライバーからアンケートをとるなど意識調査を行ってはどうか。」旨の意見が出された。

行事等

勲章・褒章伝達式の実施について

首席監察官から、勲章・褒章伝達式の実施について報告があった。

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

永年勤続職員表彰式の実施について

首席監察官から、永年勤続職員表彰式の実施について報告があった。

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

JR列車内における実戦的対処訓練の実施について

地域部長から、JR列車内における実戦的対処訓練の実施について報告があった。

委員から、「警察や関係機関等のそれぞれの考え方をすり合わせて今後の対応に生かしてほしい。」旨の意見が出された。
また、委員から、「警察からの事業者に対する安全管理対策の指導を積極的に行ってほしい。」旨の意見が出された。
さらに、委員から「列車における事件が多発している中、訓練を実施するということで大変有意義であり、心強く感じている。」旨の意見が出された。

令和3年度茨城県警察大震災総合警備訓練の実施について

警備部長から、令和3年度茨城県警察大震災総合警備訓練の実施について報告があった。

委員から、「災害発生時の指揮調整は非常に重要なので、関係機関との調整の仕方について確認しておくことも大切だと思う。」旨の意見が出された。
また、委員から、「大規模災害の対応については、拠点間の通信手段をどう確保していくかという点と現場における組織の自立的な行動をどう確保していくかが重要であると感じる。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

監察室長、組織犯罪対策課長、運転免許センター長、警備課長

報告・決裁等の概要

訴訟事件の受理及び応訴について

監察室から、訴訟事件の受理及び応訴について報告があり、決裁した。

公安委員会専決事務について(刑事部)

組織犯罪対策課から、公安委員会専決事務について報告があり、決裁した。

準中型自動車免許に係る指定自動車教習所の指定申請の受理及び指定書の交付について

運転免許センターから、準中型自動車免許に係る指定自動車教習所の指定申請の受理及び指定書の交付について報告があり、決裁した。

集会、集団行進、集団示威運動専決許可状況について

警備課から、集会、集団行進、集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

小型無人機等の飛行に関する通報受理について(月報)

警備課から、小型無人機等の飛行に関する通報受理について報告があり、決裁した。

 

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550茨城県水戸市笠原町978-6/連絡先:029-301-0110(代表)