ホーム > 定例会議 > 令和3年 > 定例会議の開催状況【令和3年12月15日(水曜日)】

更新日:2022年3月15日

ここから本文です。

定例会議の開催状況【令和3年12月15日(水曜日)】

日時

令和3年12月15日(水曜日)

出席者

  • 公安委員会
    冨田委員長、本間委員、寺門委員
  • 警察本部
    警察本部長、警務部長、首席監察官、生活安全部長、地域部長、刑事部長、交通部長、警備部長、情報通信部長、警務部参事官兼総務課長

審議事項

なし

報告事項

事件

刑事部関係事件について

刑事部長から、刑事部関係事件について報告があった。

検挙

古河市仁連地内の介護老人保健施設における入所者被害の殺人事件(古河署・捜査第一課)

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された。

施策等

損害保険ジャパン株式会社との包括連携協定の締結について

警務部長から、損害保険ジャパン株式会社との包括連携協定の締結について報告があった。

委員から、「包括連携協定を締結するにあたっては、互いにメリットがある連携項目の検討や協定の活性化に繋がる実績管理をしていただきたい。」旨の意見が出された。
また、委員から、「一般的に関心の低いと思われる部分も連携項目に取り上げていただきありがたい。今後は協定の効果等の検証も行っていただきたい。」旨の意見が出された。

交通部長から、交通事故発生状況について報告があった。

委員から、「交通安全に関係するボランティア等の高齢化が進んでいると感じる。若い世代への働きかけも大切だと思う。」旨の意見が出された。

また、委員から、「飲酒運転の防止については、一緒に飲酒をした者同士の相互監視のような文化が弱く感じる。お互いが飲酒運転を防止するような気運の醸成が必要だと思う。」旨の意見が出された。
さらに、委員から、「交通死亡事故を抑止するため、影響を与える要因が様々ある中、苦労をして分析されていると思う。引き続き、分析活動と効果的な交通死亡事故抑止対策をお願いする。」旨の意見が出された。

行事等

警察署長会議の開催について

警務部長から、警察署長会議の開催について報告があった。

各委員から、「了解した。」旨の意見が出された

駅、列車における警戒活動県下一斉強化日(第2回)の実施について

地域部長から、駅、列車における警戒活動県下一斉強化日の実施について報告があった。

委員から、「警察の持っている危機管理やノウハウを事業者に対して意見として伝えることが事業者を支援する活動に繋がると思う。」旨の意見が出された。
また、委員から、「事業者の自主警備としての警備員による警戒も大切だと思うが、安心感を与える活動として制服警察官による警戒もお願いしたい。」旨の意見が出された。

その他の報告・決裁等

警察本部担当者

総務課長、警務課長、少年課長、運転免許センター長、警備課長

報告・決裁等の概要

公安委員会あて苦情の受理について

総務課から、公安委員会あて苦情の受理について報告があり、決裁した。

公安委員会あて苦情処理結果の通知について

総務課から、公安委員会あて苦情処理結果の通知について報告があり、決裁した。

犯罪被害者等給付金の支給裁定について

警務課から、犯罪被害者等給付金の支給裁定について報告があり、決裁した。

警察行政手続サイトへの対象手続の追加に伴う公安委員会告示について

警務課から、警察行政手続サイトへの対象手続の追加に伴う公安委員会告示について報告があり、決裁した。

令和3年度茨城県少年補導委員の新規委嘱について

少年課から、令和3年度茨城県少年補導委員の新規委嘱について報告があり、決裁した。

審査請求人に対する裁決書の送付について

運転免許センターから、審査請求人に対する裁決書の送付について報告があり、決裁した。

審査請求人に対する弁明書の送付について

運転免許センターから、審査請求人に対する弁明書の送付について報告があり、決裁した。

集会、集団行進、集団示威運動専決許可状況について

警備課から、集会、集団行進、集団示威運動専決許可状況について報告があり、決裁した。

小型無人機等の飛行に関する通報受理について

警備課から、小型無人機等の飛行に関する通報受理について報告があり、決裁した。

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550茨城県水戸市笠原町978-6/連絡先:029-301-0110(代表)