更新日:2020年2月26日

ここから本文です。

機動鑑識

機動鑑識班イメージ画像

現場では自分一人でなく、チーム全員の技術や知識で犯人の手がかりを掴む

現在、私は刑事部鑑識課機動鑑識班に所属しています。機動鑑識班は鑑識の専門部隊であり、重要犯罪現場などに出動して指紋など証拠資料を採取します。

鑑識作業において、男女の差異はほとんどありません。それどころか、性犯罪等の現場は女性であるからこそ出来ることがたくさんあります。

女性被害のわいせつ事件に臨場して、私が初めてDNA資料を採取した時のことです。当時の資料からは有効な結果は得られなかったのですが、その後、別のわいせつ事件で逮捕された犯人のDNA型と一致したことから、その犯人の余罪であることが明らかになりました。警察官として犯人検挙につながったことの達成感を感じるとともに、綿密な鑑識作業の大切さを改めて実感しました。

機動鑑識班サブイメージ01 機動鑑識班サブイメージ02

機動鑑識班の上司や先輩達は、鑑識業務に長年携わっている方ばかりなので、現場に限らずあれこれと相談させていただきながら仕事をしています。

現場では自分一人ではなく、チームとして行動し、チーム全員の技術や知識で犯人の手がかりを掴むことになります。鑑識の資料は、どんなところにどんな形で残っているかわからないので、犯人の手がかりを少しでも多く得るためにひとつひとつを見逃すことがないよう、細心の注意を払って現場に臨んでいます。

刑事部鑑識課機動鑑識班 巡査長 平成28年採用

学生の皆さんにメッセージ

機動鑑識班イメージ私が学生のころ、「将来は公務員になろう」と漠然と考えていました。そして就職活動を始め、いろいろな公務員の仕事を調べていくうちに、出身地である茨城の治安を守りたいと思うようになり、茨城県警察官を志望しました。

警察の仕事内容は幅広く、様々な分野に分かれています。

厳しいことももちろんありますが、他の職業では経験できないようなことが出来る職場です。

職務をこなす中で、興味のあるものや、自分なりのやりがいをきっと見つけることが出来ると思います。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。