更新日:2020年2月26日

ここから本文です。

人事

人事第二係イメージ画像

県民の安心安全を守ることに間接的に繋がり、警察官とは違う立場で、茨城県の治安維持に貢献できる

私は現在、警察行政職員の採用・人事異動・昇任試験等に関する人事業務を行っています。「人」に関わる業務は、職員のキャリアに影響する重要な業務であり、大きな責任を感じてます。業務には幅広い知識も必要となるため、日々勉強し、スキルアップすることが大切ですが、その中で様々なモノの見方を見つけたり、新たな発見があったりと、楽しさとやりがいもあります。

就職活動中の方を対象とした採用説明会で、警察行政職員について説明することも大切な業務の一つです。説明会に参加される方の中には、警察行政職員について分からない方もいます。そのような方に警察行政職員の業務を知ってもらい、興味を持ってもらえるよう、組織での役割や具体的な業務内容等を分かりやすく説明するように心がけています。

説明会の後、個別相談や座談会を行い、参加者に「警察行政職員の仕事について知ることが出来て良かった。」「興味を持ったので受験を考えます。」など言ってもらえると大変嬉しく思います。

人事第二係サブイメージ01 人事第二係サブイメージ02

業務を行う上で、自分で判断することが難しい場合や、分からない問題に直面することもありますが、上司・同僚と話し合うことで、解決に導くことができますので、周囲とのコミュニケーションを積極的に取ることを心がけています。

また、一緒に働く人が円滑に業務が進められるよう、周囲への気配りを心がけています。

警務部警務課人事第二係 主事 平成29年採用

学生の皆さんにメッセージ

人事第二係イメージ私が警察行政職員を志望したのは、県民を守る警察官が、安心して業務を遂行できるよう行政面から支えることで、県民の安心安全を守ることに間接的に繋がり、警察官とは違う立場で、茨城県の治安維持に貢献できると考えたからです。

行政職の仕事は、安全安心を守るための重要な職種の一つです。仕事内容は、警察組織に関する企画・立案、職員の採用、人事異動、予算編成、福利厚生、情報管理など多岐に渡り組織を支えています。様々な業務に携われるチャンスがあり、常に自分のスキルを高められます。また、出産や育児に関しても制度が充実しており、働きやすい職場です。警察官と協力し支え合いながら県民の生活を守るやりがいのある仕事ですので、興味のある方は是非チャレンジしてみてください。