情報管理担当職員画像

情報管理

より良い提案ができるようにコミュニケーションを大事にしています。

情報管理課では、情報セキュリティ対策やパソコン等のOA機器の整備、茨城県警察専用システムの開発等を行っています。私は、システム開発係で運転免許証管理システムや遺失拾得物管理システム、その他多くの警察情報管理システムの開発、運用及び保守に携わっています。県民の皆さんと直接触れ合う機会はあまりありませんが、システムの安定稼働を通じて、第一線での警察活動をサポートし、治安維持の一翼を担うべく業務にあたっています。

配属当初は、全くと言っていいほどシステムの知識を持ち合わせていなかったので、毎日が勉強であり苦労の連続でした。しかし、自分の開発したシステムが形になり、実際に稼働しているところを見ると苦労した分だけの充実感を覚えます。また、現場の警察官から非常に役立ったと言ってもらえた時には、思わず目頭が熱くなりました。

この仕事のやりがいは、自分の考えていることや実現したいことを、自分の力で目に見える形として表現できるところだと思います。システムの新構築時や改修時には、何度も関係部署と打合せを重ねていきますが、そのなかでいろいろな意見・要望が出されます。しかし、それらをどのような形で実現させるかは担当者に一任されています。そこには大きな責任が伴いますが、やりがいを最も感じるところでもあります。

仕事をする上で私が最も大事にしていることは、相手が期待していることを読み取り、また自分の考えを正確に伝え、より良い提案をするコミュニケーションスキルです。このスキルは現在の仕事ではもちろんのこと、警察職員として仕事をしていく上で、大切にしなければならないものだと思っています。

システム開発システム管理

大学では法学部に在籍していました。その知識を生かせる仕事は何かと考えたときに、茨城県警察を志望してみようと決めました。現在所属している係はシステムを開発する係ですが、システムの多くは法律が元になり作られています。元となる法律を理解することでより良いシステムが作成できると思っています。また、専門的な知識をたくさん学ばなければならない係なので、大学で必死に学んだ経験が生かされていると思います。より専門的な知識を身につけて、どんなに難しい要望にも応えることができる職員を目指していきます。

情報管理担当職員イメージ

警務部情報管理課システム開発係

主任

平成13年採用

学生の皆さんにメッセージ

警察と聞くと「堅い」とか「厳しい」とかいったイメージが先行しがちですが、その分やりがいのある職場であることは間違いありません。また、警察の事務職というとデスクワークしかしていないといったイメージを抱いてしまうかもしれませんが、それ以外にもいろいろな分野の仕事があります。

自分の得意分野を生かし、茨城のために役立ちたいとの志を持った方の挑戦を是非お待ちしています。


仕事の紹介

  • 地域
  • 生活安全
  • 刑事
  • 交通
  • 警備
  • 警務
  • 警察職員
  • はじめに
  • 給与
  • 会計
  • 企画・立案
  • 情報管理
  • 免許
  • 足跡・写真・指紋

職員採用に関する問い合わせ

茨城県警察本部警務部警務課

TEL:0120-314058

(平日8:30-17:15受付)

女性警察官の仕事

マイナビ

リクナビ

警察学校

get adobe reader

※ PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe社から無償提供されている「Adobe Reader」プラグインが必要です。