WORKS 女性警察官の仕事

巡査

巡査人物イメージ

土浦警察署地域課真鍋町交番

巡査

平成22年採用

プロフィール

平成22年:警察学校を卒業し、土浦警察署へ配置となる。
現在は、先輩職員の指導を受けながら、交番勤務に励んでいる。
将来的には、刑事課を経験してみたいと話す若手警察官の1人。


弱者の心に寄り添うことのできる強い警察官になりたい。

巡査イメージ

私は普段、地域の「お巡りさん」として、パトロールや巡回連絡などを行っています。もちろん、事件・事故があれば真っ先に現場へ駆け付けますので、時には、犯人と対峙することもあります。通常の勤務では、女性警察官も男性警察官も関係ありません。私たちも男性警察官と同様に勤務して、多種多様な人達と接することになります。しかし、心配する必要はありません。私たちは常に複数人で勤務しますので、何か困ったことがあれば、先輩や同僚に相談して解決策を一緒に考えられるからです。

これまでで一番印象に残っていることは、とある女の子から手紙をもらったことです。その女の子は、私が担当した事件の被害者で、自分では「あの時は何もしてあげられなかった…」と感じていました。しかし、もらった手紙には「お姉さんに出会えてよかった。私もお姉さんみたいな警察官になりたい。」と書かれていました。とても嬉しかった出来事で、この子のためにも「もっと頼れる強い警察官を目指したい」と思うようになりました。

仕事をするにあたっては、どんなことにも目標を持つということを心掛けています。女性にしか出来ないことは、私がやるしかないという気持ちは常に持っています。そして、いつもに笑顔でいること。誰かを笑顔にするために、まず自分が笑顔でいなければなりません。

巡査地理教示イメージ巡査警らイメージ

この職場は男性が多いですが、その中でも「女性にしか出来ないこと」があります。その仕事がしたくて、私は警察官を目指しました。そして、人の悲しい顔よりも笑っている顔が好きなので、自分が弱者に寄り添い、悲しい顔を笑顔に変えてあげられたら良いなと思ったのが志望動機です。また、茨城県は私が生まれ育った場所なので、なおさら茨城県警への気持ちは強かったですね。

将来的には、弱者の心に寄り添うことのできる強い警察官になりたいです。本当の強さは、弱者の立場を理解して初めて為し得るものだと思います。プライベートについては、友人や家族を大切にしていきたいです。警察官の仕事はちょっと特殊で、休みも不規則になりがちですが、休みの日は自分の好きな事をしたり、日頃見守ってくれている人達への恩返しの時間に遣っていきたいです。

「警察官になるのは難しいから…」という理由で、チャレンジする前からあきらめないでください。確かに辛いことは多々ありますが、それ以上に警察官になって良かったと思える瞬間がたくさんあります。「女性にしか出来ないことをしたい」「人の笑顔を守りたい」と少しでも思う人は、警察官という職業を目指してみてください。この茨城県警察で、皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

女性警察官の仕事

  • 警視
  • 警部補
  • 巡査部長
  • 巡査
  • 育児支援制度等の紹介
  • 女性が更に働きやすい職場環境

職員採用に関する問い合わせ

茨城県警察本部警務部警務課

TEL:0120-314058

(平日8:30-17:15受付)

女性警察官の仕事

マイナビ

リクナビ

警察学校

get adobe reader

※ PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe社から無償提供されている「Adobe Reader」プラグインが必要です。