ここから本文です。

更新日:2020年3月27日

「いばらき古民家活用セミナー~古民家を活かし,古民家を楽しむ~」を開催しました

茨城県では,貴重な地域資源である古民家について,各地域の資源などと連携させながら広域展開を図ることにより,本県のイメージアップ・ブランド力の向上を図る「古民家を活用した茨城ブランド力向上事業」をすすめています。

その一環として,令和元年11月30日に,古民家の所有者や活用希望者等を対象とした「いばらき古民家活用セミナー~古民家を活かし,古民家を楽しむ~」を開催し,「地域の賑わいづくりに活かされている活用事例の紹介」や「参加者同士で交流が図れる場の提供」,「活用に向けての個別相談会」などを実施し,約100名のご参加をいただきました。

結果概要は下記のとおりです。

「いばらき古民家活用セミナー~古民家を活かし,古民家を楽しむ~」

1.日時・場所

  • 日時:令和元年11月30日(土曜日)13時~16時
  • 場所:真壁伝承館(桜川市真壁町真壁198)

2.内容

第1部 講演会(60分)

演題:「古民家を活用したまちづくり~観光客と職人の付き合い方~」 

講演者:山川智嗣 氏(建築家,一級建築士,宅地建物取引士,株式会社コラレアルチザンジャパン代表取締役)

古民家セミナー写真1_1 古民家セミナー写真1_2

 

<ご講演主旨>

・海外で建築の業務に携わるなかで,日本(地方)の人口減少や空き家の増加等の現状を踏まえ,建築家としての役割を再考。

・地元富山県は,北陸新幹線の開業により,外国人観光客が増えていたが,富山県南砺市は,古くからの職人(伝統工芸)の町であるところ,富山市や金沢市など,近隣の観光都市に向かう通過点となってしまっていたため,世界にその魅力を知ってもらいたいという想いに。

・そのため,「わざわざ来てもらう」ための仕掛けが必要と考え,当該地域ならではの文化(伝統工芸)と古民家の宿を結び付け,その地に宿泊しながら,<職人と一緒にものづくり>を体験できる旅の形を提案。

・三大原則は,「一,職人を活かす」「二,古民家を活かす」「三,町を活かす」こと。

・「一,職人を活かす」については,職人自らが「売りに行く」のではなく,職人に「会いに来る」へ転換できるよう,伝統工芸職人から直接手ほどきを受けながら,木彫りのスプーンやお箸,お皿を作成できるワークショップを企画。

・また,職人との関係を再構築する新たな取組として,一つの宿に対しメインの作家が作品を展示し,旅行者はそれらを実際に手に取り,購入できる仕組み,「マイギャラリー制度」を作り出した。

・さらに,「二,古民家を活かす」においては,古民家の改修において技術の継承のきっかけを,「三,町を活かす」においては,まち全体を一つの宿と見立てた上で,朝食などは地元の飲食店を案内するなど,地域の人々とのふれあいや町での消費を生み出した。

・これらの取組により,世界20ヶ国以上から外国人が来客。年間約1,200人の宿泊客のうち6割超が外国人となっている。

・来客が増えることにより生じた新たな課題(長期滞在者の増加,多言語サインが少ない等)についても,中長期滞在者向けの古民家ゲストハウスをオープンしたり,外国人向けの街案内アプリを開発するなどして解決。

・昔から続く地域の資源と宿泊施設を町全体で繋ぐにあたり,「職人に弟子入りできる宿(BED AND CRAFT)」がプラットフォームになれるよう,今後も務めていく。

 

第2部 事例紹介(30分)

本県における古民家を活かした取組事例として,下記の三者から,古民家を活用することとなった背景や地域と連携した取組,運営における課題や今後の展望等について紹介。

●潮来市の地域資源を活かしたまちづくり~水郷旧家磯山邸~ 

 発表者:潮来市産業観光課 係長 河瀬由香 氏

●県内初の古民家ゲストハウス~jicca(石岡市)~ 

 発表者:株式会社tsumugi代表取締役 比企智浩 氏

●築100年住宅をカフェに~サカカンカフェ(古河市中田)~ 

 発表者:オーナー 酒井陽子 氏

古民家セミナー写真2_1

古民家セミナー写真2_2

古民家セミナー写真2_3

 

第3部 古民家交流カフェ(60分)

古民家について,「活用」「改修」「相談」という,三つのテーマ別の部屋を設け,参加者が興味に応じて,各部屋に参加。

 

●ルーム1 「古民家を活用し,魅力を楽しみ,繋いでいこう!~いばらき古民家巡りツアーもご提案!~」

古民家の活用事例や古民家を含めた旅のアイディアを提案。講演者の山川氏を交えて,参加者の皆さんとやり取り(質疑応答)が交わされた。

<コーディネーター>

筑波大学システム情報系准教授 山本幸子 氏

<スペシャルゲスト>

山川智嗣 氏(講演者)

<サポーター>

アーストラベル水戸株式会社 尾崎精彦 氏

古民家セミナー写真3_1

 

●ルーム2 「古民家に住みたい・リフォームしたい・維持したい!~古民家暮らしの魅力や改修・再生のポイントをお教えします~」

建築士等がこれまで携わってきた古民家の改修方法やその想いなどについて紹介するとともに,質疑応答を実施。

<コーディネーター>

有限会社吉田建築計画事務所 所長 一級建築士 吉田良一 氏

<サポーター>

株式会社里山建築研究所 一級建築士 松本真朋 氏

一般社団法人茨城県古民家再生協会 代表理事 山中美登樹 氏

古民家セミナー写真3_2

 

●ルーム3 「いばらき古民家 個別相談会~古民家を活用した起業に向けたノウハウや制度のご案内など~」

古民家の活用に向けた個別相談会を実施。

<相談員>

結城商工会議所中小企業相談所 経営指導課課長補佐 野口純一 氏

株式会社Co-Lab取締役 堀田誉 氏

筑波銀行地域振興部地域振興グループ部長代理 木村真希 氏

古民家セミナー写真3_3

 

(参考)

いばらき古民家活用セミナー 募集チラシ(PDF:2,694KB)

いばらき古民家活用セミナー募集チラシ(表面)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部地域振興課地域資源活用

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2786

FAX番号:029-301-2789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?