ホーム > 茨城を創る > 科学技術・研究開発 > ロボットイノベーション戦略 > 平成27年度いばらき近未来技術実証推進事業 ロボット実証試験の実施について > 【ロボット実証】よくする介護(目標指向介護)における移乗ロボット活用(H27年11月11日~12月20日実施)

ここから本文です。

【ロボット実証】よくする介護(目標指向介護)における移乗ロボット活用(H27年11月11日~12月20日実施)

以下のとおりロボット実証試験を実施しました。

実証試験の概要

実証試験実施者

アルボット株式会社(外部サイトへリンク)(本社:つくば市梅園)

ロボットの概要

移乗ロボット

全長・全幅・全高1290・790・1180ミリメートル

重量37.5キログラム

 

 

 

(写真提供:アルボット株式会社)

  • 要介護者の移乗(ベッドから車椅子,車椅子からトイレ等への移動)に利用する。
  • 要介護者がロボットにもたれかかるようにし,電動で立ち上がりを補助。
  • 介護者の負担が軽減されるほか,要介護者も移乗を依頼しやすくなり,生活が活発化することが期待されている。

実施の詳細

本実証試験の取材・見学をご希望の場合は,必ず事前にアルボット担当まで連絡願います

期間

平成27年11月11日(水曜日)~平成27年12月20日(日曜日)

場所

社会福祉法人廣山会プルミエールひたち野(外部サイトへリンク)

(特別養護老人ホーム)

  • 住所:茨城県かすみがうら市上土田330-2
  • 電話番号:0299-59-5611

内容

  • 実証試験期間中,日常の移乗介護にロボットを用いる。
  • 要介護者の活動とロボットの利用状況を記録する「効果評価システム」(※)を合わせて用い,介護の質の向上に役立つかを検証する。

(※)効果評価システム

要介護者の生活において,ロボット介護機器のより効果的な使用・運用方法を支援するシステム。介護者がスマートフォン端末で介護記録を入力すると,システム管理者が記録データを分析し,介護の質の向上に資する情報をフィードバックする。

お問い合わせ

実証試験内容,ロボット本体について

アルボット株式会社(担当:穴田)

電話番号:029-856-8511

事業について

企画部科学技術振興課研究開発推進グループ(担当:廣瀬)

電話番号:029-301-2532(県庁内線:2531)

このページに関するお問い合わせ

政策企画部科学技術振興課研究開発推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2532

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?