ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2020年4月1日

全国2800万農地にある耕作放棄地の検出アプリを開発!

 茨城県では,宇宙ビジネスのモデルケース創出をサポートする「いばらき宇宙ビジネス事業化実証プロジェクト」を創設し,3案件(※)を採択しました。(※このうち,ASTROCEAN株式会社による洋上での実証打上げについては,2/24に茨城県沖で実施しました。)

 この度,当該プロジェクトで採択した『SAgri株式会社』(代表取締役社長:坪井俊輔,本社:兵庫県丹波市,茨城県拠点:つくば市)が,全国の課題である耕作放棄地を人工衛星から取得したデータを用いて自動検出するアプリケーション【ACTABA】を開発しました。

 全国2800万農地にある耕作放棄地の検出アプリを開発!(PDF:318KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部科学技術振興課特区・宇宙プロジェクト推進室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2515

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?