ここから本文です。

更新日:2016年5月11日

いばらき水素戦略

水素の利活用については、省エネルギーやエネルギーセキュリティの向上、環境負荷の低減等が期待されることから、国は、水素社会の実現に向けた取組を加速させることとし、水素・燃料電池戦略ロードマップに基づき、水素関連の各種施策を推進しています。

一方、本県は、つくば・東海・大洗等における水素に係る優れた研究開発、鹿島における副生水素、日立港におけるLNG基地など水素に関連する多くの地域資源を有しています。

このため、このような地域特性を最大限に活用し、水素に係る新産業の創出や燃料電池自動車等の普及を図るなど、産業振興や県民生活の向上に努めていく必要があり、このたび、その道筋を示す「いばらき水素戦略」を策定しました。

推進期間

平成28(2016)年度から平成32(2020)年度までの5年間

目標

水素先進県いばらきの実現 -産業の振興と県民生活の向上-

いばらき水素戦略

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画部科学技術振興課新エネルギー対策室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2499

FAX番号:029-301-2498

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?