ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 政策企画部 > 本庁 > 県北振興局 > 県北芸術村推進事業 > アート&ブレックファスト「すぐそこにある芸術品鑑賞会」とは

ここから本文です。

更新日:2019年12月9日

アート&ブレックファスト「すぐそこにある芸術品鑑賞会」とは

《Art & Breakfast Berlin Freies Museum (Berlin, Germany)2010》

あなたの「すぐそこにある芸術」
芸術は、その価値を自分が決めることから始まります。人から見て価値が無いようなものでも、あなたが「美しい」、「おもしろい」と感じるところに芸術は生まれるのです。自分なりの自由な見方を発見することに芸術の大切な役割があります。
くらしの中であなたの心が動かされる一品を持ち寄り、その魅力やエピソードを聞かせてください。あなたとあなたの家族が大切にしているものや、身近な人や知らない誰かが作った面白いもの、あなたにだけ価値がわかるものなど、あなたのそばにいつもいてくれる芸術品を、みんなで自由に鑑賞しましょう。芸術は美術館の中にあるだけではなく、すぐそこにあるかもしれません。(三田村光土里)

mitamura001

「すぐそこにある芸術品」とは?
例)
家族には理解されない自分だけの名品。
「これは芸術的だ!」と感じる道具・日用品。
昔から家にある謎の美術品・骨董品。
どうしても捨てられない魅力的なガラクタ。
驚きのエピソードを持った思い出の品。
思わず人に見せたくなる写真。
身近な人が自作した家具や装飾品。
価値を問わず大切にしている絵画や調度品。
あなたの身近で「芸術家だ!」と思う人。
(優れた能力・特技がある。わけもなくスゴいと感じる)

アート&ブレックファストとは?

現代美術アーティスト・三田村光土里が2006年から世界各地で行なっているアートプロジェクトです。朝食を通して人々と交流しながら、その場所で生まれるアイデアから作品をつくり出して行きます。

mitamura002

三田村光土里(みたむらみどり)
1964年、愛知県生まれ。「人が足を踏み入れられるドラマ」をテーマに、日常の記憶や追憶のモチーフを、写真や映像、日用品、言語など様々なメディアと組み合わせ、私小説の挿話のような空間作品を国内外で発表。

・近年の主な展覧会
2019 ”Japan Unlimited” ミュージアム・クウォーター Q21フライラウム (ウィーン、オーストリア)、2018 "If not here, then I’m somewhere else” (個展)Galeria Manuel Ojeda (グランカナリア, スペイン)2017 "Art & Breakfast"(個展) CAAM - Atlantic Center of Modern Art (グランカナリア, スペイン)、"Leaving Language" フォークストン・トリエンナーレ関連企画(フォークストン、イギリス)、2016 "Art & Breakfast Wiesbaden" Kunstverein Bellevue-Saal (ヴィースバーデン,ドイツ)、2016 あいちトリエンナーレ2016 「創造する人間の旅」愛知県芸術センター(名古屋、愛知)、2015 「ここに棲むー地域社会へのまなざし」アーツ前橋(群馬)、2012 「虹の彼方」府中市美術館(東京)

このページに関するお問い合わせ

政策企画部県北振興局企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2727

FAX番号:029-301-2738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?