ホーム > 茨城県北ガストロノミーツアー開催!

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2020年2月25日

茨城県北ガストロノミーツアーを開催します!※中止となりました※

※中止となりました※
茨城県北地域の魅力に、食を通じて出会い、学び、味わうツアーを3月7日(土曜日)の1日限定で開催!
トップ合成写真

本事業は、県北地域における「ガストロノミーツーリズム(※)」による地域活性化について検討・検証し、将来にわたって持続可能な「ガストロノミーツーリズム」のモデルを構築することを目的に、平成30年度から取り組んでいる事業です。

※ガストロノミーツーリズム:その土地の気候風土が生んだ食材・習慣・伝統・歴史などによってはぐくまれた食を楽しみその土地の食文化に触れることを目的としたツーリズム。

2年目を迎える今年度は、「茨城県北ガストロノミープロジェクト」として、県北地域の飲食店または宿泊施設のオーナー、シェフなどで構成したワーキンググループ(勉強会)を3回開催し、ガストロノミーにおける知見を深めるとともに、地域や業態を超えた横のつながりが構築されてきました。

さらには、学んだ知識を活かす場として、2020年1月に茨城県庁にてコンペティションを開催。地域の食文化を伝える「地域食文化賞」にうのしまヴィラ、地域の生産者との連携が光る「地域取り組み賞」にcucinaNORDIBARAKI(クチーナノルドいばらき)、「審査員特別賞」は両店舗がダブル受賞しました。

今回は、ガストロノミーコンペティションで「審査員特別賞」受賞した店舗の他、有機農業に人生を捧げ、在来作物の保存・栽培に取り組む生産者なども巡り、地域の食を通じ、文化まで味わうことができるツアーを開催します。

開催概要

・日時:2020年3月7日(土曜日)9時20分~18時45分
・集合:JR常磐線日立駅改札前(9時20分集合・出発)
・解散:JR常磐線常陸多賀駅(18時45分解散)
※お車でお越しの方は、『うのしまヴィラ』にて9時30分集合、19時00分解散となります。
・参加費:14,300円(税込)
※ツアーバス代、ワークショップ代、ランチ、ディナーフルコース、お菓子とティーセット、野菜詰め合わせのお土産などを含んだ特別価格です。
※ドリンク代は含まれておりません。
・定員:20名(※定員に達し次第、締め切り)
・申込〆切:2月29日(土曜日)
・企画・制作:茨城県(政策企画部県北振興局)
・企画・協力:株式会社日本経済広告社
・旅行主催:株式会社久信田観光(茨城県知事登録2-343)
・旅行運営:アーストラベル水戸株式会社

 

ツアー行程

  • 9時20分
    JR常磐線「日立駅」改札集合、海岸口からバスで出発
    ※お車でお越しの方は、9時30分『うのしまヴィラ』に集合
  • 9時30分~12時00分
    『うのしまヴィラ』にて土器&塩づくりワークショップ&茨城県北ガストロノミーランチ
  • 13時00分~15時30分
    『木の里農園』で野菜畑見学&元酒蔵をリノベーションした施設『金波寒月(きんぱかんげつ)』にて、地元コミュニティリーダーたちによるトークタイム
  • 16時30分~18時30分
    『cucinaNORDIBARAKI』にて、茨城県北ガストロノミー・スペシャルディナーコース
  • 18時45分
    JR常磐線常陸多賀駅解散
    ※お車でお越しの方は、19時00分『うのしまヴィラ』で解散

旅行行程は、一部変更になる場合があります。

申込方法

1電話予約

029-303-5522担当:アーストラベル水戸(株)大内(おおうち)

1.代表者名/年齢/性別/〒住所/連絡先/メールアドレス/嫌いなもの、アレルギーの有無

2.同行者名/年齢/性別/〒住所/連絡先/メールアドレス/嫌いなもの、アレルギーの有無

2入力フォームによるご連絡

以下入力フォームよりお申し込みください。

入力フォームはこちら(外部サイトへリンク)

訪問先&地域の皆さん

9時30分~12時00分
『日立・太田尻海岸うのしまヴィラ』(旅館)場所:日立市
土器&塩づくりワークショップ地元新鮮野菜たっぷりのガストロノミーランチ

うのしまヴィラ原田夫婦

※当日の料理は、写真と異なる場合があります。

  • うのしまヴィラ 館主 原田 実能(はらだ みのう)さん
    「ここに来るとホッとする」と、多くの人が訪れる、海辺のお宿。味噌と醤油の原形『醤(ひしお)』を使ったドレッシングや自家製の味噌等を使用し、食材そのものの味を活かすことを心掛けた料理をご提供。いつも元気に心温まる接客で出迎えてくれる原田さん。奥様のご実家の旧鵜の島温泉旅館を継ぐために広島から移住されて以降、日立市を盛り上げる活動にも尽力されています。

 

13時00分~15時30分
『木の里農園』(野菜生産者)&『金波寒月』(元酒蔵) 場所:どちらも常陸太田市
畑見学&在来種の小豆「娘来た」を使用したお菓子&ティーをいただき、トークタイム

布施さん,岡崎さん

  • 木の里農園 代表 布施 大樹(ふせ たいき)さん
    農薬・化学肥料を一切使用しない、有機農業を20年以上営んでいる布施さん。「美味しい野菜を作るために、常に土の状態を把握し、自然と向き合いながら野菜を育てています」。在来種の保存・栽培に取り組む「種継人の会」の代表としても活動されています。
  • PotLuck Field Satomi(ポットラックフィールドさとみ)代表 岡崎 靖(おかざき やすし)さん
    元々は日立市でエンジニアとして勤務し、その後常陸太田市里美地区に移住。酒造会社の蔵人や醤油蔵の醸造職人としても従事し、発酵食品の知見が豊富。森林インストラクターの資格を持ち、現在も活動中。多彩なキャリアで、地域内外のつなぎ役としてご活躍されています。

16時30分~18時30分
『cucina NORD IBARAKI(クチーナノルド いばらき)』(イタリア料理店) 場所:日立市
茨城県北ガストロノミー・スペシャルディナーコース

クチーナノルドいばらき,佐藤さん
※当日の料理は、写真と異なる場合があります。

  • cucina NORD IBARAKI シェフマネージャー 佐藤 協壱(さとう きょういち)さん
    1986年、料理人としてキャリアをスタート。
    レストラン ファランドール、ホテル日航などを経て、2017年イタリアへ渡り、北から南までイタリアの食文化に触れ学ばれました。帰国後、東京表参道 HATAKE AOYAMA神保シェフのもとで研修を受け、2017年5月、cucina NORD IBARAKIの料理長に就任。「Made in いばらき」をテーマに、食を通して茨城県の魅力を発信し続けています。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部県北振興局企画

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2727

FAX番号:029-301-2738

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?