ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2020年10月1日

withコロナ時代のテレワーク移住を促進                         ~県内5市町でテレワーク移住施策を実施,県PRサイトがオープン~

 

 茨城県と県内5市町(日立市,土浦市,笠間市,潮来市,大子町)は,新型コロナウイルスの影響によるテレワークの急速な広まりと地方移住への機運の高まりを受け,テレワークで働く方々の本県への移住を促進するため,「たのしむ茨城テレワーク移住促進事業」を開始します。

 日立市では,テレワークをきっかけに市内に移住する方を対象に,住宅取得やテレワーク機器購入の助成を10月より開始。土浦市,笠間市,潮来市,大子町では,11月から2月にかけて,テレワークをしながら,移住後の生活を体験できる宿泊型の移住体験ツアーを実施します。

 また,県ではテレワーク移住PRサイト「Work Life Journey in Ibaraki」を10月1日にオープンし,テレワークをきっかけに本県への移住を希望する方への情報発信を強化してまいります。

 

【市町村のテレワーク移住促進事業】

 

日立市 ひたちテレワーク移住促進助成制度

制度概要 テレワークをきっかけに日立市に移住する方への補助(10月から)
補助内容

・住宅取得:最大1,515,000円助成     ・家  賃:最大1,015,000円助成

・テレワーク機器購入等:400,000円助成

 

 

土浦市

テレワーク移住体験ツアー

笠間市

笠間暮らし体験ツアー

潮来市

ライフバランスtoテレワーク

大子町

テレワークツアー

概要

星野リゾートBEB5土浦に滞在し,テレワークと自転車を活用した移住体験

ETOWA KASAMAや笠間焼を活用した移住体験

テレワーク設備完備の水郷旧家磯山邸の滞在をとおした移住体験

奥久慈茶関連施設でのテレワークや地域の方との交流などの移住体験

日程(予定)

R3.1月下旬~2月

3泊4日

12月

1泊2日

R3.2月

3泊4日

11月12-13日, R3.1月

1泊2日

 

【県の移住促進プロモーションの概要】

 5市町が実施するテレワーク移住促進事業のほか,県内市町村の移住支援策を掲載。また,コワーキング情報や空き家バンク,住宅や土地購入情報など,移住検討の際に有用な情報を総合的に発信。

  ※ テレワーク移住PRサイト「Work Life Journey in Ibaraki」URL

    https://iju-ibaraki.jp/telework/(外部サイトへリンク)

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部計画推進課移住推進

水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2536

FAX番号:029-301-2539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?