ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 政策企画部 > 本庁 > 交通政策課 > 「水戸の梅まつり」期間におけるシェアサイクル・デマンドバスの実証実験を開始

ここから本文です。

更新日:2020年2月17日

「水戸の梅まつり」期間におけるシェアサイクル・デマンドバスの実証実験を開始

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、東日本旅客鉄道株式会社水戸支社(以下、JR東日本)、水戸市、茨城県は共同で、「水戸の梅まつり」期間に合わせてICTを活用した観光の活性化に向けた二次交通(二次交通とは、鉄道駅からバスや自転車を使って、目的地へ赴くための手段を言います。)の実証実験として、オンデマンドバスやシェアサイクルを運行いたします。

実証実験の内容について

本実証実験は、「水戸の梅まつり」期間中(2020年2月15日〈土〉~3月29日〈日〉)に、ドコモが提供する水戸の梅まつり期間専用の「水戸観光AI運行バス」および「バイクシェア水戸」を、JR東日本が提供する「常磐線でGO!」アプリ内で紹介し、利用者がさまざまな交通手段を選択できるようすることで、水戸市内の主要な観光スポットへの周遊性の向上を図ります。

水戸観光AI運行バス(オンデマンドバス)

水戸観光AI運行バスの写真「水戸観光AI運行バス」では、利用者がWebサービス操作などで簡単に乗車予約することができます。

利用者は時刻表に縛られることなく乗りたいときに乗車し、行きたい目的地に移動することができます。今回の実証実験では、市内の観光施設や商業施設など16施設に乗降スポットを設置し、その区間内を無料で利用できます

料金

無料

運行時間

9時~17時

車両台数

平日1台、休日2台

乗降場所

水戸駅、「偕楽園「好文亭表門」駐車場」、弘道館、徳川ミュージアム、京成百貨店など16か所

予約方法

Web予約(「常磐線でGO!」から予約サイトに移行できます。)

水戸観光AI運行バスのチラシ(PDF:1,337KB)

バイクシェア水戸(シェアサイクル)

バイクシェア水戸の写真「バイクシェア水戸」では、まちなかに設置された自転車貸出・返却場所(ポート)にある共用の自転車(電動アシスト付き自転車)を、必要な時に借りたり返したりできます。

出先での移動手段や、駅から目的地までの「ラストワンマイル」を補完するものとして、全国各地で続々と導入されています。今回の実証実験では、市内の観光施設など10箇所にサイクルポートを設置し、毎回30分間は無料(30分経過後は有料)で利用できます。

料金

1回利用30分まで無料
※継続利用時間が30分を超過した場合、30分につき100円の料金が発生します。1日当たりの最大料金は1500円です。

運行時間

9時00分~19時00分

車両台数

20台(電動アシスト付き自転車)

乗降場所

水戸駅、偕楽園臨時駅、弘道館、県立歴史館、南町(M-SPO)など10か所

予約方法

Web予約
(「常磐線でGO!」から予約サイトに移行できます。)

バイクシェア水戸のチラシ(PDF:1,345KB)

今後の取組について

ドコモ、JR東日本、水戸市、茨城県は、水戸市の観光における移動課題の解決およびより一層の地域の活性化をめざすとともに、今回の実証実験を通じて茨城県内の観光の活性化に向けて取り組んでまいります。

運行開始セレモニーを実施しました

梅まつりの初日でもある2月15日に、実証運行開始セレモニーを行いました。関係者のほか、水戸市の梅大使や、マスコットキャラクターのみとちゃん、ドコモのポインコにも参加してもらい、楽しく開催することができました。

運行開始セレモニーの集合写真みとちゃんとAI運行バス梅大使とバイクシェア市長とバイクシェアポインコとみとちゃん

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部交通政策課地域交通

水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2604

FAX番号:029-301-2608

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?