ここから本文です。

更新日:2016年3月8日

茨城県の人口と世帯(平成27年国勢調査(速報値)基準)-平成28年1月1日現在-

 平成28年3月8日掲載

概況

ここがポイント

  • 本県の人口は,1月1日現在で2,915,911人となった。
  • 増減の内訳は,
    自然動態で891人の減少(出生1,756人,死亡2,647人),
    社会動態で22人の減少(転入7,809人,転出7,831人)であった。
  • 市町村別では,増加が10市1町,減少が22市11町村であった。
  • 世帯数については,12月中に309世帯増加し,1,125,489世帯となった。

 

  • 本県の人口は、平成27年1年間で11,543人の減少となり、平成16年以来12年連続の減少となった。
    (自然増減で9,149人の減少、社会増減で2,394人の減少)

 

  • 注)平成27年9月1日現在の人口は、平成22年国勢調査結果の確定値を基礎として推計した常住人口調査による人口である。一方、平成27年10月1日現在の人口は、平成27年国勢調査の速報値による人口である。国勢調査と常住人口調査には、調査方法や調査対象の把握等に違いがあることから、9月1日現在の人口と10月1日現在の人口の間には連続性がないものとなっている。平成27年中の人口動態の数値は、常住人口調査の調査方法に基づき、住民基本台帳上の移動人口を集計したものである。そのため、この人口動態の数値を平成27年1月1日現在の数値に加減しても平成28年1月1日現在の数値にはならない。

表-1:人口と世帯の推移

表1人口と世帯の推移の表

  • 注1.平成27年10月1日以前は国勢調査(確定値)による。なお,1世帯当たり人員は以下による。
    • 昭和30年,35年,40年,45年,50年:普通世帯人員/普通世帯数
    • 昭和55年,60年,平成2年,7年,12年,17年,22年:一般世帯人員/一般世帯数
    • 平成27年:総人口/総世帯数
  • 注2.上記以外の常住人口調査における1世帯当たり人員は総人口/総世帯数による。
  • 注3.対前回増減数,対前回増減率の昭和30年は対昭和25年比となっている。
  • 注4.人口密度は平成27年3月1日以後,平成26年10月1日現在の国土地理院調の面積(6,096.93平方キロメートル)を用いて算出した。
  • 注5.(使用記号)-=負数,…=不詳,r=訂正数字,0.0=掲載単位未満
  • 注6.世帯数,人口とも外国人を含む。

図:月別人口移動

月別人口移動のグラフ

表-2:県・地域・市町村別世帯数,人口及び人口移動

表2人口及び人口移動(県別・地域別)の表

表2人口及び人口移動(市町村別その1)の表

表2人口及び人口移動(市町村別その2)の表

  • 注1.(使用記号)-=負数,…=不詳,r=訂正数字
  • 注2.世帯数,人口及び人口移動とも外国人を含む。
  • 注3.平成27年10月1日に国勢調査が行われたため,「10月1日現在人口」-「9月1日現在人口」=「増減」とはならない。
  • 注4.平成27年10月1日の「前月中の人口移動」欄については,参考として9月中の住民基本台帳による増減数をかっこ書きで掲載した。

表-3:人口順位,表-4:最近1年間の人口増減数

表3人口順位表と表4最近1年間の人口増減数の表

  • 注1.平成27年10月1日に国勢調査が行われたため,「10月1日現在人口」-「9月1日現在人口」=「増減」とはならない。平成27年9月の人口増減数については,9月中の住民基本台帳による増減数を掲載している。

表-2から表-4

利用上の注意

この調査結果は,茨城県常住人口調査規則に基づき,平成27年国勢調査結果(速報値)を基礎とし,これに毎月の住民基本台帳の増減数を加えて推計したものです。

人口及び世帯数については,国勢調査と住民基本台帳の定義とは若干の相違があるので,利用にあたっては留意を要します。

なお,この調査結果の人口及び世帯数は,後日公表される平成27年国勢調査(確定値)に基づき,再計算を行います。

茨城県常住人口調査の概要へ

 

このページの先頭に戻る

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課人口労働

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2649

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?