ホーム > つくばエクスプレス沿線開発に係る将来負担対策について

ここから本文です。

更新日:2021年11月16日

つくばエクスプレス沿線開発に係る将来負担対策について

つくばエクスプレス沿線開発に係る将来負担対策について

将来負担の見込み

県では、つくばエクスプレス沿線地域において、鉄道整備による利便性の向上、沿線開発に伴う人口の増加や企業立地の活性化等が図られるよう土地区画整理事業によるまちづくりを進めてまいりましたが、バブル経済崩壊後の長期的な地価下落の影響などにより、沿線開発に係る多額の将来負担(※)が見込まれ、課題となっています。

※令和2年度決算ベースで約188億円を見込んでいます。

なお、特定財源を充てる関連公共施設整備に係る開発事業者負担分(約43億円)及びTX鉄道会社からの県貸付金償還金による繰上償還分(約161億円)の対策により、一般財源で負担する実質的な将来負担額は0となる見込みですが、今後の土地処分や地価の動向によっては、将来負担額が生じる可能性があります。

将来負担への対策

このため、県議会の県出資団体等調査特別委員会における審議などを踏まえ、最終的な県民生活への影響をできる限り抑制するため、平準化を図りながら、将来負担を計画的に解消すべく次の対策を実施しています。

(対策の概要)

①金利負担対策:県債の現年度分の金利負担相当額を一般会計から繰入れ

②関連公共施設整備負担対策:関連公共施設整備に係る開発事業者負担分を一般会計から繰入れ

③県債の繰上償還対策:TX鉄道会社からの県貸付金償還金を財源とする県債の繰上償還

④借入金の計画償還対策:土地処分想定単価の見直し等より減収となる額を一般会計から繰り出し県債
を繰上償還

今後も事業費縮減や早期土地処分に努め、将来負担の抑制を図りながら、地域の発展に努めてまいりますので、ご理解をいただきたいと考えております。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

立地推進部宅地整備販売課経営管理

茨城県水戸市笠原町978-6

電話番号:029-301-2682

FAX番号:029-301-3470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?