ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 農作物などが野生鳥獣により被害を受けたときは

ここから本文です。

更新日:2016年12月5日

農作物などが野生鳥獣により被害を受けたときは

野生の鳥獣は、本来捕まえたりすることができませんが、農作物などに被害を受け、追い払いなどの防除を行っても被害が減少しないときは、捕獲許可を得て、鳥獣を駆除することができます。
捕獲許可は、鳥獣の種類により、県又は市町村が行いますが、被害が発生したときには、まず、お住まいの市役所、町村役場までご相談ください。

くわしくは、各県民センター環境・保安課環境政策課県央環境保全室市役所、町村役場へ。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?