ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 家畜の伝染病を防ぐには

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

家畜の伝染病を防ぐには

家畜伝染病の侵入防止とまん延防止のためには、「発生の予防」と「異常時の早期発見・通報」が重要です。
「発生の予防」のために、伝染病の発生予防などに関する情報を積極的に把握しましょう。また、畜舎とその周辺区域を衛生管理区域として分かるようにした上で、この区域に出入りする車両、人及び物品は、必ず消毒しましょう。さらに、畜舎へ出入りする際には、靴の消毒と手指の洗浄又は消毒をしましょう。
「異常時の早期発見・通報」のために、毎日、家畜の健康観察を行い、異常が確認されたときは、すぐに最寄りの獣医師か家畜保健衛生所に連絡して指導を受けて下さい。

  • 県北家畜保健衛生所(水戸市中河内966-1話029-225-3241)
  • 鹿行家畜保健衛生所(鉾田市鉾田1367-3鉾田合同庁舎内話0291-33-6131)
  • 県南家畜保健衛生所(土浦市真鍋5丁目17-26土浦合同庁舎内話029-822-8518)
  • 県西家畜保健衛生所(筑西市新井新田42-4話0296-52-0345)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産課家畜衛生・安全

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3982

FAX番号:029-301-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?