ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 松くい虫の防除をするには

ここから本文です。

更新日:2016年6月24日

松くい虫の防除をするには

松くい虫による松枯れは、マツノマダラカミキリにより運ばれるマツノザイセンチュウが松に侵入することによって引き起こされます。
松くい虫の防除には、運び屋であるマツノマダラカミキリの成虫を駆除する予防法と、枯れた松の中にいる幼虫や蛹を退治する駆除の2つの方法があります。
予防は、5月下旬から7月中旬にかけて、羽化した成虫が健全な松の樹皮を食べる際に、取り付いたザイセンチュウを樹木から樹木へ運ぶのを防ぐために、松に薬剤を散布する方法です。
もうひとつの駆除は、秋から春にかけて、すでに枯れてしまった松を切り倒し、幹や枝を集め、これらに薬剤を散布したり、焼却したり、チップにしたりして、材内にいる幼虫や蛹を退治する方法です。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業課森林整備

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4051

FAX番号:029-301-4059

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?