ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 農業機械の利用技術を向上させたいときは

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

農業機械の利用技術を向上させたいときは

農業機械の基本的な操作技術や保守管理、農作業安全などに関する知識を有した技能者を養成するため、県立農業大学校に研修科が設置されています。研修内容は、トラクターなどの操作技術、点検整備、産業用無人ヘリコプターの操作技術など、学科、実技の両面にわたり、5種類の研修講座を設けており、大型特殊免許(農耕用)、農業機械士の認定、産業用無人ヘリコプター操縦資格などを得ることができます。
研修期間は講座によって異なりますが、3~15日です。受講者は、農業者及び農業を志向する者を対象としています。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業経営課担い手・参入支援室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3846

FAX番号:029-301-3849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?