ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 災害により農業に被害を受けた場合は

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

災害により農業に被害を受けた場合は

暴風雨、長雨、降霜、高低温、降ひょう又は干ばつ等の天災により損失等を受けた農業者等に対し、農業経営安定に資することを目的として、「茨城県農林漁業災害対策特別措置条例」に基づいて融資されるものです。融資の申込みは農協や銀行で受け付けます。

資金名

被害程度

利率

償環期限

貸付限度額

経営資金

一般

年5.0%以内

3~5年以内

損失額の45%又は200万円のいずれか低い額
果樹栽培者等にあっては、損失額の55%か、500万円のいずれか低い額

特別

年3.0%以内

6年以内

農業用施設復旧資金

一般

年5.0%以内

6年以内

事業費の80%又は200万円のいずれか低い額

特別

年3.0%以内

6年以内

貸付利率についてはその都度設定します。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業経営課団体・金融

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3862

FAX番号:029-301-3849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?