ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 農林・水産 > 農地などの転用をするときは

ここから本文です。

更新日:2018年10月22日

農地などの転用をするときは

自分の農地であっても宅地、その他(農地以外のもの)に転用しようとするとき、あるいは転用することを目的に売買などをするときは、必ず土地の所在する市町村農業委員会を通じて、知事の許可を受けなければなりません。
なお、知事の許可のうち転用面積が4ヘクタール以下のときは、農林事務所で行っています。
ただし、その農地が都市計画法の市街化区域内にある場合には、市町村農業委員会に届け出をすればよいことになっています。

権限移譲

次の市村に対しては、農地の転用に係る許可権限を県から市村に移譲しています。(ただし、転用面積が4ヘクタール以下のもの。)

水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市、城里町、東海村、大子町、境町(平成30年10月1日現在)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業政策課農地調整

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3838

FAX番号:029-301-3847

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?