ホーム > 広報・お知らせ > くらしのQ&A > 産業・労働 > 商工・労働 > 高圧ガス販売主任者になるには

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

高圧ガス販売主任者になるには

一般家庭、飲食店、工場などへ、プロパンガス、酸素、水素、アセチレンなど高圧ガスを供給する販売店は、高圧ガス販売主任者を置いて、販売施設だけでなく、供給先の設備の監督や使用時の注意をしなければなりません。高圧ガス販売主任者免状には、一種(液化石油ガス以外の高圧ガス)と二種(液化石油ガス)とがあります。高圧ガス販売主任者になるには、それぞれの試験に合格し、免状を取得し、高圧ガスの製造又は販売の経験を有する者でなければなりません。

<試験内容>

 

高圧ガス保安法及び関連法令

高圧ガスまたは液化石油ガスの販売に必要な保安管理の技術

 

<試験日>

年1回、11月ごろ高圧ガス保安協会(KHK)が実施

<試験申込先>

一般社団法人茨城県高圧ガス保安協会(電話029-225-3261)

<その他>

県では、免状の交付事務を高圧ガス保安協会(KHK)に委託しています。

くわしくは、消防安全課産業保安室、一般社団法人茨城県高圧ガス保安協会へ。

このページに関するお問い合わせ

防災・危機管理部消防安全課産業保安室

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3594

FAX番号:029-301-2887

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?