ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 畜産業 > いばらきの畜産 > 鳥インフルエンザ関連情報 > 平成22年度高病原性鳥インフルエンザ防疫シミュレーションが開催されました

ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

平成22年度高病原性鳥インフルエンザ防疫シミュレーションが開催されました

平成22年11月17日水曜日,つくば国際会議場において,県関係課,市町村,畜産関係団体など
約160名が参加し,平成22年度高病原性鳥インフルエンザ防疫シミュレーションを開催しました。

今回の防疫シミュレーションでは,万一本県で本病が発生した場合,市町村や県家畜保健衛生所等の
関係機関が連携して迅速に対応できるように,県関係機関と市町村等の連絡体制および防疫対応など
について,スライドと発生を想定したシミュレーションにより再確認しました。

また,本病に関する知識を深めるため,社団法人畜産技術協会の山口成夫参与をお招きして,「高病原
性鳥インフルエンザの防疫」との内容で講演していただきました。


市町村担当者による防護服の着脱体験を実施しました。


最後に,参加者から防疫措置の実施方法について,活発な質疑・意見交換が行われ,
本年度の高病原性鳥インフルエンザ防疫シュミレーションを終了しました。





このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産課家畜衛生・安全

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3982

FAX番号:029-301-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?