ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 畜産業 > いばらきの畜産 > 鳥インフルエンザ関連情報 > 高病原性鳥インフルエンザ発生農場に対する行政指導について

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2021年2月19日

高病原性鳥インフルエンザ発生農場に対する行政指導について

  高病原性鳥インフルエンザが発生した城里町の農場に対し、家畜伝染病予防法第12条の5の規定に基づき、下記のとおり指導・助言を行いました。

指導・助言の概要

 1 農場の所在地 茨城県城里町

 2 指導・助言の原因となる事実

   「家きん舎ごとの専用の靴の設置及び使用」の不遵守

   ・鶏舎奥側の通用口から出入りする際、長靴の交換をせず出入りしていたこと。

   「ねずみ及び害虫の駆除」の不遵守

   ・鶏舎からの集卵施設までの集卵ベルトのカバーの一部が剥がれており、野生動物が侵入可能な

    箇所があったこと。

   ・鶏舎から堆肥舎まで鶏糞を運搬するベルトコンベアのカバーの一部が剥がれており、野生動物が

    侵入可能な箇所があったこと。

 3 指導・助言の内容

   ・集卵ベルト及び鶏糞を運搬するベルトコンベアのカバーのすべて点検し、破損個所を速やかに

    修繕すること。

   ・家きん舎ごとに専用の長靴を設置するとともに、鶏舎内に出入りする際には必ず専用の長靴に

    履き替えることを定めた作業マニュアルを整備し、従業員に作業手順を徹底させること。

   ・農場内を点検し、家畜伝染病予防法第12条の3第1項の飼養衛生管理基準がすべて遵守されて

    いることを確認した上で、県の立入検査によって確認を受けること。

  4 改善措置を講ずべき期間  鶏の飼養を再開する時まで

 

参考

1 家きんの肉や卵を食べることにより、ヒトが鳥インフルエンザに感染する可能性はないと考えています。

2 迅速で正確な情報提供に努めてまいりますので、生産者等の関係者や消費者は根拠のない噂などにより

  混乱することがないよう、御協力をお願いいたします。

3 我が国においては、鳥インフルエンザが発生した場合には、感染鶏や同一農場の鶏は全て殺処分される

  などの家畜防疫上の措置が行われるため、本病に感染した鶏等が市場に出回ることはありません。

4 さらに、我が国で生産される鶏肉・鶏卵は以下の安全のための措置が講じられています。

  〇国産の鶏卵は、通常、厚生労働省の定める「衛生管理要領」に基づき、卵選別包装施設(GPセン

   ター)において、次亜塩素酸ナトリウムなどを含む洗浄水で洗卵・消毒されています。

  〇国産の鶏肉は、食鳥処理場において生体検査が実施されています。このため、病気にかかっている

   疑いのある鶏は食用にされません。  

このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産課家畜衛生・安全

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3982

FAX番号:029-301-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?