ホーム > 県内飼養豚に対するCSFワクチン接種について > CSFワクチン接種における2回目以降定期接種の手数料について

ここから本文です。

更新日:2020年2月28日

CSFワクチン接種における2回目以降定期接種の手数料について

豚へのCSFワクチン接種に係る手数料については,現在実施している初回全頭接種については全額免除としているところですが,2回目以降の定期接種について下記のとおり減免することとしましたのでお知らせします。

1減免の概要

(1)減免額

20円/頭(茨城県手数料条例340円/頭→減免後の徴収額320円/頭)

(2)減免理由

生産者団体からの要望を踏まえ,生産者負担を軽減するため茨城県手数料徴収条例第5条*に基づき減免する。

*手数料は,知事が特に必要と認めるときは,これを減額し,若しくは免除し,またはその納付を猶予することができる(茨城県手数料徴収条例第5条)。

22回目以降定期接種の概要

(1)接種対象

初回全頭接種時の哺乳豚,初回全頭接種後出生した豚及び繁殖豚

(2)接種時期

毎月1回,各農場を巡回して実施(3月中旬~)

3その他

  1. CSFは,豚やいのししの病気であり,人に感染することはありません。
  2. また,感染豚の肉が市場に流通することはありませんが,万が一,人が感染豚やいのししの肉を食べても健康には影響がありません。
  3. なお,CSFワクチンを接種した豚の肉を食べても,人の健康に影響はありません。

PDFはCSFワクチン接種における2回目以降定期接種の手数料について(PDF:67KB)

お問い合わせ先

県農林水産部畜産課

電話番号:029-301-3982

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産課家畜衛生・安全

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3982

FAX番号:029-301-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?