ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 畜産業 > いばらきの畜産 > 豚コレラについて > 本県における豚へのCSFワクチン接種及び野生いのししへの経口ワクチン散布について

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2019年12月20日

本県における豚へのCSFワクチン接種及び野生いのししへの経口ワクチン散布について

1 豚へのCSFワクチン接種について

 (1)国の方針

  〇12月20日(金)に開催された牛豚等疾病小委員会において,今後の豚へのCSFワクチン接種に係る考え  

   方が示され,本県がワクチン接種推進地域に設定された。

  〇いのししからの感染リスクが高い地域から接種を進め,接種終了後直ちに隣接地域で切れ目なく順次接 

   種して行く必要があることから,関東平野では西から東へ,近畿地方では東から西へ計画的に接種を進

   めることとしている。

2 本県の対応

 〇国の方針に基づき,県内約46万頭*の飼養豚に対し,県の西部から東部へ順次ワクチン接種を行う。

  *畜産統計(平成31年2月)46万6400頭

 〇スケジュール(予定)

  ・R1.12月~R2.1月 ワクチン接種プログラムの作成及び国との協議

  ・R2.2月以降(未定)ワクチン接種開始(3~4か月間程度)

     本県知事及び栃木県,群馬県知事

2 野生いのししへの経口ワクチン散布について

  (1)国の方針

    野生いのししによるCSFウイルスの全国への拡散を防止するため,重点的に経口ワクチンを散布する  

    防疫帯(ワクチンベルト)を設定。

 (2)本県の対応

    国の方針に基づき,野生いのししが生息している以下の10市町村においてワクチンベルトを設置。

    *大子町,常陸大宮市,城里町,笠間市,桜川市,石岡市,古河市,境町,五霞町,坂東市

     1~2月にかけて2回の散布を予定。

 PDFはこちら(PDF:82KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部畜産課家畜衛生・安全

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3982

FAX番号:029-301-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?