ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 園芸研究 > トピックス > 茨城県農業総合センター園芸研究所>トピックス > 茨城県農業総合センター園芸研究所>トピックス>2013年度>グラジオラス

ここから本文です。

更新日:2020年5月13日

茨城県農業総合センター園芸研究所>トピックス>2013年度>グラジオラス

2013年度トピックス

園芸研究所主要課題現地検討会『グラジオラス』を開催

7月1日にグラジオラス主要課題現地検討会を生物工学研究所と共同で開催しました。生産者、全農、関係農協、グラジオラス球根協会等23名が参加し、今後の新品種登録に向けて有望な系統の検討を行いました。生物工学研究所からは、現在育成中の白色系有望系統等について、園芸研究所からは県育成系統「ひたち10号」の市場性と生育特性調査の結果について説明を行いました。

 

写真:検討会の様子

写真:検討会の様子

 

「ひたち10号」は、花色がサーモンピンクの大輪極早生品種です。今年度は、極早生の性質を生かすため、トンネル促成栽培で現地試験を行っています。現地試験を行った生産者からは、「想像以上に早く採花ができた。葉の長さが短めなので、トンネル栽培に向いている。」との感想がありました。他の参加者からも、物が少ない時期に出荷できるのは魅力であると高評価でした。今後は、これらの結果をふまえて、品種登録について検討します。また、今回の検討会では、土浦地域農業改良普及センター研修生が行っている県育成品種の球根増殖試験ほ場についても検討を行いました。この試験は、県育成品種の球根が十分な量が供給されていないという問題点を解決するために実施しており、この結果は今後、現地の球根生産に反映させる予定となっています。

参加者からは、新品種を選抜するうえでの要望や国内生産球の重要性についても意見がかわされ、県のグラジオラス品種育成について、これからの方向性を再確認する検討会となりました。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター園芸研究所 

茨城県笠間市安居3165-1

電話番号:0299-45-8340

FAX番号:0299-48-2545

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?