ホーム > 活き餌釣りによるひらめの採捕制限(案)に関する意見募集の実施結果について

ここから本文です。

更新日:2019年12月25日

活き餌釣りによるひらめの採捕制限(案)に関する意見募集の実施結果について 

1.募集期間

 (1)募集期間

   令和元年10月24日(木)~令和元年11月22日(金) 30日間

 (2)募集方法

   ①インターネット

    茨城県及び農林水産部漁政課のホームページにて掲載

   ②閲覧場所

    ・茨城県

     漁政課,行政情報センター,各県民センター,県立図書館,水産試験場

    ・市町村

     北茨城市,日立市,ひたちなか市,大洗町,鹿嶋市,神栖市

 (3)応募方法

   郵送,ファクシミリ及び電子メールによる提出

2.意見件数

  意見提出件数 2件(うち千葉県に住所を有する団体2)

3.概要

番号

ご意見等の概要

ご意見に対する県の考え方

・茨城県の漁業者と遊漁船業者とで決めたルールは,千葉県遊漁船業者が受け入れられるものではない。双方で協議を継続していくことが確認されたにもかかわらず一方的にルールを決めようとしていること,千葉県遊漁船業者が釣りをできる期間が短縮され経営に大きな打撃となるので反対する。

 本県漁業者は,県が行うひらめの種苗生産・放流事業への負担金を拠出しているほか,自主的に禁漁区を設けるなど,ひらめ資源の保護培養のために様々な取り組みを行っております。

 本県の漁業者と遊漁船業者は,平成20年に遊漁船によるひらめ活き餌釣りのルールについて協定を締結しましたが,本協定に基づくルールは,協定の締結から11年が経過し本県海面において広く浸透している状況です。また,本県漁業者団体は,協定の締結以降,貴県の関係団体に対しルールへのご理解をお願いしてきております。

 活き餌釣りによるひらめの採捕に一定の制限を定めることは,本県海面におけるひらめ資源の保護を図るために必要なものと考えておりますので,ご理解とご協力をお願いいたします。

 なお,ご意見につきましては今後の取り組みの参考とさせていただきます。

・千葉県及び茨城県の漁業者,遊漁船業者が相互に利用している海域において,千葉県の遊漁船業者に相談もなく,茨城県側だけの都合によりルールを決めようとしている。千葉県遊漁船が釣りをできる期間が短縮され経営に大きな打撃となるので反対する。  番号1に対する県の考え方に同じです。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部漁政課調整・漁船

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4080

FAX番号:029-301-4089

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?