ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県北地域 > 県北農林事務所林務部門 > 森林・林業に関する環境教育 > 日立市立中小路小学校の児童を対象に森林・林業体験学習を行いました。

ここから本文です。

更新日:2019年6月3日

日立市立中小路小学校の児童を対象に森林・林業体験学習を行いました。

令和元年5月30日(木曜日)に,日立市立中小路小学校の児童等24名を対象に森林・林業体験学習を行いました。
当日は,森林の役割や植栽から伐採までのサイクルについて説明しました。その後,木工工作としてお箸作りを実施しました。
森林・林業体験学習は,森林の講話や木工工作を通して,森林・林業・木材利用等の意義や重要性について理解していただくことを目的に実施しています。

1.実施内容

1.森林の講話
2.木工工作体験(お箸作り)

2.実施状況

nakakouzi3

森林の講話

nakakouzi4

お箸作り

3.児童達の感想

  • 山にある木のほとんどが植えてから50年以上経っていることにびっくりした。木が材料として使えるまでに,50年近くかかるのにもびっくりした。
  • 木が地球温暖化をおさえてくれていることが分かった。

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所林務部門林業振興課

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3370

FAX番号:0294-80-3378

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?