ここから本文です。

更新日:2018年7月3日

平成27年度 第1回農業研修

本年度も農業研修を行いました。

昨年は稲と麦の収穫作業を体験することができましたので、今年は田植え作業に挑戦です。

研修の内容

平成27年5月8日に研修を行いました。

苗箱の準備が完了した段階から今回の農作業体験が始まります。

苗箱水やり1  苗箱水やり2

まずは苗への水やりです。

 

手分けして苗箱をほ場に運んだら、いよいよ田植え機を使って植え付け開始です。

田植え機植え付け1  田植え機植え付け2

操作のレクチャーは受けましたが、なかなかうまく操作できません。

 

手植え作業 手植え箇所

一部で手植えも体験しました。5人体制で行いましたが、すばやくきれいに植え付けるのは本当に難しいです。

 

苗箱洗浄  田植え機洗浄

田植えの作業の一連ということで苗箱や田植え機の洗浄も行いました。洗浄作業は機械で楽ちんです。

 

その他、日常的な管理作業の一環として草刈りも行いました。昨年は刈り払い式の草刈り機を使って畦畔の草刈りを体験しましたが、今回はトラクター取付型の大規模な草刈り機を使って畑の草刈りを行います。

草刈1 草刈2

高さ角度などボタン一つで自由自在です。法面の草刈りも簡単にできるスグレモノです。

草刈り機は購入したばかりということで、絶好調です。

 

研修を終えて

当事務所の中でも実際に農作業に精通している職員は少ないため、今年もこのような研修を行えたことはとても貴重な経験になりました。苗や機械の準備などすべて整った状態からの作業だったため,今回体験したものは田植え作業のほんの一端ではありました。それでも,作業後は皆へとへとになってしまい、農作業の苦労が身に染みました。

今後も機会があればこのような体験をどんどん重ね、より農家の方々に近い目線に立って土地改良事業を推進できるようにしていきたいです。

 

 

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所高萩土地改良事務所工務課

茨城県高萩市春日町3-1

電話番号:0293-22-2379

FAX番号:0293-24-4660

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?