ここから本文です。

更新日:2018年1月11日

生き物調査が行われました

平成28年8月21日日曜日、多面的機能支払交付金制度に取り組んでいる門部鹿島圷環境保全会(那珂市)による生き物調査が行われました。

当保全会は、毎年地域の子どもたちを集めて生き物調査を行っており今年で10年目になります。

当日は、地元の子供20名、大人は約30名の計約50名が参加しました。

調査は、水を抜いて水深を浅くしたため池で、子供達が網や手づかみで生き物の捕獲をし、個体数や種類の確認を行いました。

子供だけでなく大人も一緒になって楽しんでおり、こうしたイベントを行うことは地域住民のつながりを深めるいい機会になっていると感じました。

続いて、茨城生物の会の荻沼先生から捕獲した生き物の名前や特徴などについて説明がありました。

最後に、当所から農業農村のもつ多面的機能の話を子供達にしました。農業農村は食物を育てるための機能だけでなく、様々な機能があることを知ってもらえたと思います。

 

 集合全体

左:開会式の様子:ため池の様子

捕獲の様子魚

 

左:生き物調査の様子1:生き物調査の様子2

 

荻沼先生遠藤

左:茨城生物の会荻沼先生による説明:当事務所職員による説明

このページに関するお問い合わせ

県北農林事務所土地改良部門 

茨城県常陸太田市山下町4119常陸太田合同庁舎内

電話番号:0294-80-3350

FAX番号:0294-80-3358

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?