ここから本文です。

更新日:2020年4月6日

大会テーマの表彰を行いました

 第23回全国農業担い手サミットin茨城実行委員会(平澤協一委員長)は3月27日(金),茨城県市町村会館で大会テーマの表彰を行いました。
 本来は認定農業者躍進大会で行う予定でしたが,新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のため,同会館の2階オープンスペースに受賞者3名とその関係者数名のみが集まりました。
 317件の応募の中から,最優秀賞を受賞した山田未菜子(水戸市)さんと優秀賞を受賞した小林千沙都(水戸市)さん,長谷川美波(茨城大学学生)さんに,平澤委員長から賞状と副賞の常陸牛の目録を贈呈しました。
 平澤委員長は「皆さんの意向が農業者である私たちにもしっかりと伝わってきた。このテーマを掲げ,素晴らしいサミットにしたい」と抱負を述べました。

表彰の様子

平沢委員長のお礼の言葉

 

 

 

 

 

 

 


          表彰の様子                 平澤委員長からお礼の言葉

記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

     受賞者と平澤委員長の記念撮影

受賞者の作品及びコメント

○ 最優秀賞 山田 未菜子さん
「集まれ!未来の農業エンジン~常陸の国から世界に広がれ!日本の農業~」
 茨城県には生産量日本一の品目がたくさんあって,普段の買い物でも地元茨城県産の農畜産物が新鮮で,すごくおいしいことに気が付きした。それらを生産する皆さんが全国の担い手の皆さんとこの茨城県で交流し,今までよりもっと元気になって,日本の農業が世界に広がっていくきっかけとなるサミットになれば良いなと思いました。

○ 優秀賞 小林 千沙都さん
「広がれ担い手の輪~農のくに いばらきから 未来へ繋げ~」
 2020東京オリンピックと絡めて,「輪」と「繋ぐ」という言葉を使いました。小さいころから社会科の勉強で茨城県の農作物は日本一の品目がたくさんあることを習いました。それが茨城県の魅力として広まると良いと思います。コロナウイルスの影響が心配ですが,秋には素晴らしいサミットが行われることを期待しています。

○ 優秀賞 長谷川 美波さん
「寄らば宝作のひよりあり~日本の未来につないでほしいもの~」
 茨城県のVtuber「茨ひより」というキャラクターと「ほしいも」をかけ合わせて大会テーマを考えました。大学の研究室で農業の現場に出る「フィールドワーク」に行く機会があり,そこで儲かる農業として鉾田のメロン農家さんなどについて勉強しました。これから持続的な農業が展開されることを願いつつ,最前線を担う皆さんにとって良いサミットが開かれることを祈っています。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業技術課

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3867

FAX番号:029-301-3937

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?