ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 農林水産部 > 本庁 > 農地局農地整備課 > 茨城県農地整備課 木原地区(美浦村)が全国農地集団化協議会長賞を受賞

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

茨城県農地整備課 木原地区(美浦村)が全国農地集団化協議会長賞を受賞

土地改良事業を通じて農用地の集団化に優良な業績をあげた地区を表彰する農用地等集団化優良地区表彰において、木原土地改良区の木原地区(美浦村)が全国農地集団化協議会長賞を受賞しました。

 

木原地区(美浦村)が全国農地集団化協議会長賞を受賞

農用地等集団化優良地区表彰について

土地改良事業により農用地の集団化を実施し、事業が完了した地区のなかで特に優良なものを表彰するものです。
全国では木原地区のほかに7地区が受賞しました。

木原地区の概要

地区所在地: 稲敷郡美浦村
事業地区面積: 73.0ヘクタール
地区内農家数: 155戸
事業実施年度: 平成13年度から平成21年度

 

 

受賞理由

  • 1戸当たりの団地数が3.2団地から1.3団地へ集約された結果、集団化率は87.4パーセントという高い水準を達成したこと。

(集団化率:換地により農用地がどれだけ集団化したかをみる指標。数ヶ所に点在していた各農家の土地をそれぞれ1ヶ所に集約した場合の集団化率は100パーセントとなる。)

 

  • 換地計画を策定するに当たり、担い手に利用集積を図る区域を設定するとともに、利用権設定や作業受委託を積極的に進めた結果、5名の担い手(個人4名、法人1社)に地区内農用地の73.5パーセントを集積させたこと。

 

  • 地区内農用地のうち、0.5ヘクタール以上の大区画ほ場の占める割合が74.5パーセントに達し、大型機械による効率的な農作業が可能となったこと。

 

  • 事業の実施を契機に、土地改良区の組合員を中心に集落営農組織を設立し、農地流動化を促進するとともに、ブロックローテーションを実施し、麦、大豆、そば、玉ねぎ等の効率的な生産を図っていること。

 

  • 創設非農用地換地制度の活用による道路・水路の整備により、生産基盤整備と生活基盤整備を一体的に行い、集落住民の利便性向上にも寄与したこと。

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農地整備課技術管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4230

FAX番号:029-301-4249

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?