ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

契約ショウガ栽培講習会

9月21日にJA常陸ショウガ生産者16名に対して現地講習会を行いました。年々販売額を向上させ、新規生産者も増えています。今年は、従来の生産者、新規の生産者に基本技術を徹底させ、収量を向上させるため、今回の講習会を開催しました。

普及センターからは、貯蔵中の害虫の発生が心配されるので、収穫前に殺虫剤を散布するように指導しました。また根茎腐敗病の発生が懸念されるので、疑わしい株を見つけたら排除するように伝えました。他にも霜対策の最終土寄せ、葉色を淡くするための葉面散布について、理由を説明しながら指導しました。普及センターからは、貯蔵中の害虫の発生が心配されるので、収穫前に殺虫剤を散布するように指導しました。また根茎腐敗病の発生が懸念されるので、疑わしい株を見つけたら排除するように伝えました。他にも霜対策の最終土寄せ、葉色を淡くするための葉面散布について、理由を説明しながら指導しました。

販売額が伸びていることもあり、生産者は熱心に話を聞いていました。収量が向上できるように、これからも笠間普及センターは支援を続けていきます。

 

平成29年9月22日笠間地域農業改良普及センター佐藤義典(革新的産地)

このページに関するお問い合わせ

県央農林事務所笠間地域農業改良普及センター 

茨城県笠間市笠間1531笠間合同庁舎内

電話番号:0296-72-0701

FAX番号:0296-72-2718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?