ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県央地域 > 笠間地域農業改良普及センター > 令和元年度新規就農者のための農業講座開講式及び相互訪問研修を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年6月19日

令和元年度新規就農者のための農業講座開講式及び相互訪問研修を開催しました

6月13日に普及センター主催で、令和元年度新規就農者のための農業講座開校式及び相互訪問研修を開催し、受講生18名、関係機関8名、計26名が参加しました。

最初に、普及センターで開講式を実施し、センター長が「儲かる農業を目指して、経営の視点を取り入れ日々の営農に取り組んでほしい」と激励した後、今年度の営農計画を作成してもらいました。それぞれに作付予定の品目や面積、売上目標、販売先、困っていることなどを記入してもらい、今後の受講生の就農定着に向けた支援に活かすこととしました。

その後、第1回講座として相互訪問研修を実施しました。1か所目は、新規参入で就農した若手女性コギク生産者のほ場を見学しました。新規参入で就農するにあたって、市内農家で1年間の研修を実施した人脈を生かして、無償で資材を確保したことなど、新規参入するまでの体験談を聞きました。

2か所目は、定年退職を機に農業を本格的に開始した栗農家のほ場及びカフェを見学しました。減農薬栽培に取り組んでおり、クリシギゾウムシ対策として13年ほど前から導入している温湯処理器の活用方法や、栗を使ったお菓子などを提供する栗カフェの取り組みについての説明を受けました。

情熱を持った新規若手女性農業者と、定年後の第2の人生を歩んでいる経営体の2事例をみることができ、良い刺激になったとの声が多く聞かれました。アンケートを実施した結果、「全員とではないが交流ができた」との回答が100%となり、有意義な講座となったようです。

笠間地域農業改良普及センター(担い手)

 

農業学園コギク農業学園クリ

 

このページに関するお問い合わせ

県央農林事務所笠間地域農業改良普及センター 

茨城県笠間市笠間1531笠間合同庁舎内

電話番号:0296-72-0701

FAX番号:0296-72-2718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?