ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県央地域 > 笠間地域農業改良普及センター > JA常陸岩間柿生産組合でせん定講習会を開催

ここから本文です。

更新日:2020年1月23日

JA常陸岩間柿生産組合でせん定講習会を開催

1月21日に、笠間市内の柿ほ場でJA常陸岩間柿生産組合部会せん定講習会が開催され、組合員16名が参加しました。

講習会では、笠間普及センターが講師になり、せん定の実演を行いました。摘果等の作業がしやすい高さまで積極的に切り返すこと、中庸な強さの充実した結果母枝を置き、バランス良く空間が埋まるようにすること等、基本的な方針を確認しました。

また、気象条件や樹勢等の影響で二次伸長した部分は勢いが強く結実しにくいため、結果母枝として利用せず切り戻すよう指導しました。

参加者からは、予備枝を置かずに結果母枝を配置するせん定方法や、骨格枝の切り戻しのタイミング等について積極的に意見が出され、有意義な意見交換の場となりました。

普及センターでは、今後も技術情報を随時提供し、JA常陸岩間柿生産組合の支援を続けていきます。

笠間地域農業改良普及センター(成長産業)

柿せん定講習会R1

このページに関するお問い合わせ

県央農林事務所笠間地域農業改良普及センター 

茨城県笠間市笠間1531笠間合同庁舎内

電話番号:0296-72-0701

FAX番号:0296-72-2718

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?