ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県央地域 > 県央農林事務所経営・普及部門(水戸地域農業改良普及センター)

ここから本文です。

県央農林事務所経営・普及部門(水戸地域農業改良普及センター) 

活動方針

  『人と産地が輝く,信頼の「いばらきブランド」』を改革の基本方向に掲げた新たな『茨城農業改革』と『県央地域農林振興計画』の確実な実現に向け,「茨城県協同農業普及事業の実施方針」を基本とし,市町村の「人・農地プラン」や農業協同組合の地域農業戦略(地域営農ビジョン)との整合性を図った農業改良普及指導計画書に基づき,関係機関・団体・生産組織等と連携を深めながら,農業経営の安定を最優先に効率的・効果的な普及指導活動を展開する。
 
また,効率的な農業経営の推進に向け,農地中間管理機構を活用したモデル地区を支援し,地域の担い手に農地の集積を図り大規模経営体を育成する。

 活動体制

 管轄地域

水戸市,茨城町,大洗町,小美玉市,ひたちなか市,那珂市,東海村

組織図

 組織図

 経営課

 管内全域を視野においた農業改革推進,重点課題である「地域農業を支える経営感覚に優れた担い手の確保・育成」,活動計画課題である「高品質自給飼料の生産・利用による足腰の強い畜産経営体の育成」等,広域的な課題解決に取り組む。

 地域普及第一課

 水戸市,茨城町,大洗町を担当し,重点課題である「新たな流通に対応した加工・業務用野菜産地の育成」,活動計画課題である「ハウス軟白ねぎ産地の育成」,「春メロン産地の維持・発展」,「オリジナル米の品質・収量の安定化と販売促進」,「飼料稲等を活かした水田農業経営の確立」,「商工・観光と連携したウメ産地の育成」,「コギク産地の活性化」等の課題解決に取り組む。

 地域普及第二課

 小美玉市を担当し,重点課題である「持続可能なニラ産地の育成」,活動計画課題である「競争力のある高品質レンコン産地の育成」,「活力ある果樹産地の育成」「多様な人材が活躍できる園芸産地の育成」等の課題解決に取り組む。

 地域普及第三課

 ひたちなか市,那珂市,東海村を担当し,重点課題である「消費者に信頼される干しいも産地の育成」,活動計画課題である「地域農業を支える担い手の包括的な育成」,「稲作産地の振興と維持」等に取り組む。

管内農産物

主な特産品

水稲,麦類,ダイズ,ネギ,ダイコン,バレイショ,ニラ,レンコン,イチゴ,メロン,トマト,サツマイモ、クリ,乳牛など

銘柄産地指定品目

メロン(茨城町)

ニラ(小美玉市)

レンコン(小美玉市)

ナス(那珂市,ひたちなか市)

ネギ(水戸市)

普及センター情報

リアルタイム現地情報 

 水戸地域農業改良普及センターで取り組んでいる現地の活動を掲載しています。

 次のページに掲載しておりますので,ぜひご覧ください。

リアルタイム現地情報はこちら

このページに関するお問い合わせ

県央農林事務所経営・普及部門 

茨城県水戸市柵町1丁目3番1号水戸合同庁舎内

電話番号:029-221-3012

FAX番号:029-225-9254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?