ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県央地域 > エコファーマーの認定手続きについて(県央農林事務所)

ここから本文です。

更新日:2017年2月27日

エコファーマーの認定手続きについて(県央農林事務所)

エコファーマーとは「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(平成11年7月28日法律第110号)」(「持続農業法」)に基づき、「持続性の高い農業生産方式」を導入する計画を作成し、知事の認定を受けた農業者の「愛称」です。

茨城県では、農村における環境保全活動と環境にやさしい営農活動を地域ぐるみで一体的に進める「エコ農業茨城」に平成20年度から取り組んでおり、エコファーマーをその担い手と位置づけています。

持続性の高い農業生産方式とは、「土づくり」、「化学肥料低減」、「化学農薬低減」の3つの技術を一体的に取り組むものです。3つの技術にはそれぞれ種類があり、その中から1つ以上を取り組むことが必要となります。エコファーマーの認定期間は、5年間です。

詳細な情報はエコ農業推進室ホームページをご覧下さい。

手続き一覧

ご覧になりたい手続き等をクリックして下さい。

初めてエコファーマーの認定を受けようとする方の手続き

必要書類と提出時期

必要書類は、持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画認定申請書(以下「申請書」という。)及び持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画(以下「導入計画」という。)です。また、導入計画の添付書類として、ほ場地図及び土壌診断結果が必要です。

導入計画の作成

導入計画の作成にあたっては、当該計画の対象農地がある市町村を管轄する農林事務所の経営・普及部門または地域農業改良普及センター(以下「普及センター」という。)に相談して下さい。

  • 水戸市、ひたちなか市、小美玉市、那珂市、茨城町、大洗町、東海村の方はの相談先は、経営・普及部門(水戸地域農業改良普及センター)(電話番号029-227-1521)です。
  • 笠間市、城里町の方の相談先は、笠間地域農業改良普及センター(電話番号0296-72-0701)です。

申請書及び導入計画の提出

当該計画の対象農地がある市町村(当該計画の対象農地が2以上の市町村に所在する場合は、対象農地の面積が最も多い市町村)を管轄する普及センターに提出して下さい。農林事務所(企画調整部門振興・環境室農業振興課)が計画を審査します。

導入計画の認定

提出された導入計画について、持続農業法第4条第3項のほか、別に定めるところに基づき適当と認めた場合は、エコファーマーとして認定します。認定期間は、5年間です。

手続き一覧に戻る

エコファーマーの認定を受けている方で再認定を希望する場合の手続き

必要書類と提出時期

必要書類は、持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画実施状況報告書(以下「実施状況報告書」という。)、申請書及び導入計画です。導入計画の添付書類として、ほ場地図及び土壌診断結果が必要です。

提出時期は、原則として認定期間が満了となる日の1か月前までです。

実施状況報告書の作成

実施状況報告書には、農業経営の概況、導入計画の達成度など必要事項を記入して下さい。

導入計画が計画通り実施できなかった場合は、その原因及び今後の改善策をできるだけ具体的に記入して下さい。

導入計画の作成

導入計画の作成にあたっては、当該計画の対象農地がある市町村を管轄する農林事務所の経営・普及部門または地域農業改良普及センター(以下「普及センター」という。)に相談して下さい。

現在の導入計画が計画通り達成できた場合は、環境にやさしい農業をさらに進めるため、新たな技術の追加や取り組み面積を増やすなど、取り組み内容を向上させる計画を作成して下さい。

  • 水戸市、ひたちなか市、小美玉市、那珂市、茨城町、大洗町、東海村の方の相談先は、経営・普及部門(水戸地域農業改良普及センター)(電話番号029-227-1521)です。
  • 笠間市、城里町の方の相談先は、笠間地域農業改良普及センター(電話番号0296-72-0701)です。

申請書、実施状況報告書及び導入計画の提出

当該計画の対象農地がある市町村(当該計画の対象農地が2以上の市町村に所在する場合は、対象農地の面積が最も多い市町村)を管轄する普及センターに提出して下さい。農林事務所(企画調整部門振興・環境室農業振興課)が計画を審査します。

導入計画の認定

提出された導入計画について、持続農業法第4条第3項のほか、別に定めるところに基づき適当と認めた場合は、エコファーマーとして認定します。認定期間は、5年間です。

手続き一覧に戻る

エコファーマーの認定を受けている方で再認定を希望しない場合の手続き

必要書類と提出時期

必要書類は、実施状況報告書です。

提出時期は、原則として認定期間が満了となる日の1か月前までです。

実施状況報告書の作成及び提出

実施状況報告書には、農業経営の概況、導入計画の達成度など必要事項を記入して下さい。

導入計画が計画通り実施できなかった場合は、その原因及び今後の改善策をできるだけ具体的に記入して下さい。

手続き一覧に戻る

エコファーマーの認定を受けている方が導入計画を変更しようとする場合の手続き

必要書類

必要書類は、持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画変更承認申請書(以下「変更承認申請書」という。)及び変更しようとする内容を記載した導入計画です。

手続き

手続きは、「初めてエコファーマーの認定を受けようとする方の手続き」に準じます。

手続き一覧に戻る

関係様式

手続き一覧に戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県央農林事務所振興・環境室 

茨城県水戸市柵町1丁目3番1号水戸合同庁舎内

電話番号:029-221-3034

FAX番号:029-225-9254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?