ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 県央地域 > 茨城県水源地域保全条例に基づく所有権移転等の事前届出制度について

ここから本文です。

更新日:2017年10月24日

茨城県水源地域保全条例に基づく所有権移転等の事前届出制度について

平成24年10月3日付で「茨城県水源地域保全条例」及び「茨城県水源地域保全条例施行規則」が施行されました。

この条例は、県民の生活に不可欠な水資源を維持し、後世に引き継いでいくために、県や県民等の責務を示すとともに、水源地域の森林の所有権等の移転等に際して、事前届出制を設け、県が土地所有者等へ適切な助言を行えるようにしたものです。

なお、事前届出制については、平成25年1月1日より施行され、平成27年4月1日に見直されました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

県央農林事務所振興・環境室 

茨城県水戸市柵町1丁目3番1号水戸合同庁舎内

電話番号:029-231-2079

FAX番号:029-225-9254

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?