ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

ごま色斑点病

害樹種:ベニカナメモチ、シャリンバイ、セイヨウサンザシ、ビワなど

ごま色斑点病の様子

 

生態と被害
に褐色~黒褐色円形の斑点ができ、その上に黒い光沢のあるかさぶた状物を散生する。病葉は激しく落葉し、その後に出てくる葉へも次々と感染して落葉させるため、樹勢が衰え枯死に至ることもある。
ニカナメモチは葉が美しいために生け垣用の樹木として流行したが、近年本病による被害が著しく、集団枯損のため樹種転換に迫られる例も多い。

防除法
1)病葉は本病の伝染源で、病原菌が雨滴により健全葉に伝染するため、こまめに集めて焼却する。

 

全国緑の相談窓口一覧(外部サイトへリンク)

病害虫一覧へ戻る

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?