ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

オビカレハ

加害樹種:ウメ、サクラ、アンズ、モモ、カイドウなど

オビカレハ幼虫の写真

生態と被害
年1回発生し、小枝に産み付けられた卵で越冬する。早春の3月中旬にふ化し、枝分かれ基部に糸をテント状に張って、その中で群生し夜間に活動、葉・新芽を食害する。生長するにつれ分散して食害し、5月下旬に繭を作り蛹化する。6月上旬~中旬に成虫が現れる。幼虫は、テンマクケムシ、ウメケムシとも呼ばれる。

防除法
1)群生している幼虫をテント状の巣ごと除去する。
2)小枝に産み付けられた卵塊を除去する。
3)幼虫期に薬剤を散布する。

登録農薬(2014年4月現在)

名称 適用作物 適用病害虫 希釈倍数 使用時期 使用回数
トレボン乳剤 樹木類 オビカレハ 2000倍 幼虫発生期 6回以内

実際に薬剤を使用する場合は農薬販売店等に相談するか、下記のページで最新の農薬登録情報を確認してください。
JPP-NETホームページへhttp://www.jppn.ne.jp
林水産消費安全技術センター農薬検査部ホームページへhttp://www.acis.famic.go.jp/index.htm

全国緑の相談窓口一覧(外部サイトへリンク)

 

病害虫一覧へ戻る

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?