ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

ヒノキ漏脂病

害樹種:ヒノキ

ヒノキ漏脂病の写真

生態と被害
10年を越える頃から発病し、幹から多量の樹脂を流出し続ける。樹脂は流下しながら樹皮上に付着乾燥し、黒色となることが多い。樹脂流出部分は肥大成長が止まり、しだいに縦長の溝となって著しく材価を低下させる。
年、全国的に被害が顕著化し調査研究が進められているが、原因は不明である。県内にも広く発生しているが、激害林は県北部に多く見られる。

防除法
1)現在のところ、的確な防除法は確立されていない。

 

全国緑の相談窓口一覧(外部サイトへリンク) 

病害虫一覧へ戻る

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?