ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

筑西市

 所神社のケヤキ

樹種:ケヤキ
樹齢:約300年
樹高:20m
幹周:10.0m
所在地:筑西市村田下町
所有者:個人
交通機関
JR水戸線下館駅北口下車東鉄道バス筑波駅行(15分)「村田」下車徒歩5分
三所神社のケヤキへの地図

所神社入口に、この大木はどっしりと根を張っている。
殿の入口には、神社の由緒が記されており、それによると弘仁2年(811年)に鎌足の6世孫、藤原真作がこの地を開拓し、その子が村田に住居した故に村田の名称が付いたようである。
所神社の由来は、兵火により八坂神社・鷲神社・本社が灰となり後に三所合遷して、三所神社となった。
社やこの地の歴史そのものは、大地にどっしりと根をおろしているこの大木がすべてを見据えてきたのであろう。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

名木・巨樹の表紙へ 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?