ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

日立市

 訪のヤマザクラ

諏訪のヤマザクラ 樹種:ヤマザクラ
樹齢:約500年
樹高:20m
幹周:7.8m
所在地:日立市諏訪町
所有者:個人
交通機関
JR常磐線常陸多賀駅下車、
立電鉄バス、平和台行き「中石内」下車、徒歩5分。
諏訪のヤマザクラへの地図

このヤマザクラは、諏訪小学校のグランドの南端に生育している。幹は、激しく凸凹し、地表面に沿った根回り周囲は約7.8mで地上約70cmのところで東西2本に分かれている。西側の支幹基部の周囲は約2.65mで、やや西側に傾いて生育しており、東側の主幹は地上約1.5mのところで3本の支幹に分かれて伸びている。ヤマザクラの生育している南側には所有者助川家の氏神の祠があり、氏神の神木とされ大切に保護されてきた。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 岩山の三本スギ

御岩山の三本スギ 樹種:スギ
樹齢:約500年
樹高:60m
幹周:8.4m
所在地:日立市入四間町
所有者:国
交通機関
JR常磐線日立下車、
立電鉄バス東河内行き「スケート場」下車、徒歩3分。
御岩山の三本スギへの地図

岩山神社の参道を70m程入った所の右側にあり、日立市内では最大の巨幹と言われる。幹は真直ぐに立ち、地上3mのところから3本の支幹に分かれ、ほぼ均等の勢いで上方にのびている。御岩山一帯には、御岩神社、斉神社、愛宕神社、薩都神社をはじめ、180余りの神仏があると言われている。三本杉はこれらの神木とされ、大切に保護されていたものである。平成12年に林野庁が発表した「森の巨人たち100選」に、茨城県内からは唯一選ばれた。(県指定天然記念物)

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 つなぎのイチョウ

駒つなぎのイチョウ 樹種:イチョウ
樹齢:約550年
樹高:20m
幹周:5.5m
所在地:日立市大久保町
所有者:鹿島神社
交通機関
JR常磐線常陸多賀駅下車、
立電鉄バス水戸方面行き「下宿十文字」下車、徒歩5分。
駒つなぎのイチョウへの地図
【由
このイチョウは雄株で、鹿島神社拝殿の前にある。1本に幹に見えるが、主幹と後から出た支幹が新旧入り交じった複雑な樹姿を形成している。
鹿島神社は祭神が武甕槌命で社伝によれば、大宝元年(701年)4月7日に創建されたという。
このイチョウは神木とされ、坂上田村麻呂が蝦夷征伐の折(801年頃)、戦勝を祈願し、その際このイチョウに駒をつないだと伝えられることから「駒つなぎのイチョウ」と言われている。(県指定天然記念物)

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

名木・巨樹の表紙へ

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?