ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

稲敷市

 郎杉

樹種:スギ
樹齢:約1000年
樹高:28m
幹周:6.5m
所在地:稲敷市阿波
所有者:大杉神社
交通機関
JR常磐線土浦駅下車、JRバス佐原行き「阿波」下車(所要時間約50分)徒歩1分または、JRバス江戸崎行き終点江戸崎下車、JRバス佐原行きに乗り換え阿波バス停下車(所要時間約70分)徒歩1分
地図

常陸風土記」によると、現在の霞ケ浦・利根川・印旛沼・手賀沼一帯の突き出した形をとった半島状の地域を安婆島(あんばじま)と呼称していた。おそらく、ここに住む人々は、このあんばの地にそびえ立っていた巨杉を海河の守護の信仰対象とも航行標識ともしていたと想像される。
在、海河守護、交通安全、悪魔払、万災消除を中心とした信仰を集めている大杉神社の御神木として大杉三郎(三郎杉)と大杉次郎(次郎杉)の二本が奉詔されている。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 須賀満願寺の楠

樹種:クスノキ
樹齢:約100年
樹高:30m
幹周:4.3m
所在地:稲敷市阿波崎
所有者:満願寺
交通機関
JR常磐線土浦駅下車、JRバスで江戸崎で乗換えJRバス水神阿波経由東村役場行「北須賀」下車
地図

須賀山寿福院満願寺は、天平12年行基が薬師如来を彫刻し寺院を建立したとされている。
のクスノキは、当寺23世岩瀬良潤名和尚(1870-1938年)が寺院の景観と後世補修保全を憂慮して数本植えられたものであり、共に100年近い歳月を経て、今尚緑豊かに生長しているものである。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

名木・巨樹の表紙へ

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?