ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

古河市

 宮神社のシラカシ

樹種:シラカシ
樹齢:約200年
樹高:25m
幹周:3.7m
所在地:古河市諸川433
所有者:長宮神社
交通機関
JR宇都宮線古河駅下車、東武バス下妻行き「諸川」下車(約20分)、徒歩3分。
長宮神社のシラカシへの地図

のシラカシは、長宮神社の神木であり見るからに精力的な巨木で見るものを圧倒している。
社の創立は、室町時代と伝えられている。明治6年4月1日に村社に列格され同19年9月社殿は失火のため炎上した。
年八坂神社、八幡神社を合祀し現住所に造営し、長官神社と尊称される。このシラカシは、長官神社の社殿を建立した時に奉納されたものと思われるが、樹齢は約200年とみられる。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 幡神社のエノキ

樹種:エノキ
樹齢:約150年
樹高:20m
幹周:4.7m
所在地:古河市谷貝686
所有者:香取神社
交通機関
JR宇都宮線古河駅下車、JRバス下妻行「山田十字路」下車徒歩20分。
八幡神社のエノキへの地図

エノキの樹形は均整がとれ、大樹の歴史と風格を感じさせる。春の芽吹きも見事だが、特に大みそかから元朝にかけ大かがり火に浮き上がる樹影は太古の荘厳さをほうふつさせ人の心を打つものがある。大榎のほか椎三本、榧一本の老木が現在している。
香取神社の創建は古く天慶年間(約1050年前)にさかのぼると伝えられる。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 蓋宮の大欅

樹種:ケヤキ
樹齢:約600年
樹高:31m
幹周:7.3m
所在地:古河市東3丁目237
所有者:雀神社
交通機関
JR宇都宮線古河駅東口より徒歩5分
小蓋宮の大欅への地図

蓋宮は、畑にふたをして雹害から作物を守る神として信仰された。この辺は畑の中心地であったので社が祀られ、目印に欅が植えられた。これがこの小蓋宮の大欅である。樹勢は旺盛で四方に枝張りがよく樹形も美しい。
は周囲がすっかり市街地となったが、その中心部にある老樹として貴重なものとなっている。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

名木・巨樹の表紙へ 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?