ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

行方市

 宮神社境内のカエデ

樹種:タカオモミジ
樹齢:約400年
樹高:17m
幹周:3.0m
所在地:行方市両宿字古宿
所有者:東宮神社
交通機関
鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線新鉾田駅下車、
クシーで島並鉾田線両宿駐在所前の信号を玉造町方面へ約400m左側。
東宮神社境内のカエデへの地図

居内攻参道の左側に古色燦然として樹勢を張り、美観を呈しており村内随一の大樹である。

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 西蓮寺の大イチョウ

樹種:イチョウ
樹齢:約1,000年
樹高:20m
幹周:9.0m
所在地:行方市西蓮寺
所有者:西蓮寺
交通機関
JR鹿島線潮来駅下車、関東鉄道バス「西蓮寺前」下車、徒歩5分。
西蓮寺の大イチョウへの地図

陸の高野山として名高い西蓮寺は、延暦元年(782年)最仙上人によって開創された天台宗の古刹である。広大な境内には、サクラ、イチョウなどの樹木が四季折々の彩りを添えている。大イチョウは、最仙上人ゆかりの2本の老木で、樹齢1、000年とも言われている。樹勢の旺盛な雄木である。(県指定天然記念物)

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 高のカヤ

樹種:カヤ
樹齢:約600年
樹高:21m
幹周:5.4m
所在地:行方市小高
所有者:旧麻生町
交通機関
道355号線を北浦方面に向かい、
坂神社を右折して、車で約20分。
小高のカヤへの地図

立木としてカヤの特性を発揮し、樹勢旺盛であり、鬱蒼と繁茂した樹姿がすこぶる美しい。この敷地は、もと西蓮寺の末寺「神宮寺」跡でこのカヤは寺院当時に植えられたものと思われる。(県指定天然記念物)

 ※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

 

 ッコク

樹種:モッコク
樹齢:約350年
樹高:9m
幹周:3.5m
所在地:行方市粗毛
所有者:個人
交通機関
JR鹿島線潮来駅下車、関東鉄道バス「粗毛」下車、徒歩5分。
モッコクへの地図

治36年の「麻生の大火」によって、幹が焼け、その後近年の台風によって大枝が折れたりして昔の偉容が一部失われた。

※本ページは、「茨城の名木・巨樹」(平成8年2月1日発行)の情報をもとに作成しています。現在は樹勢が衰えたり、枯死したものが含まれている可能性があります。

名木・巨樹の表紙へ 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部林業技術センター 

茨城県那珂市戸4692

電話番号:029-298-0257

FAX番号:029-295-1325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?