ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

行方地域農業学園第2回講座「病虫害・農薬講座」を開催しました!

  7月24日(火曜日),行方合同庁舎で行方地域農業学園第2回講座「病虫害・農薬講座」を開催し,農業学園生12名が参加しました。

 「病害虫の基礎」では,主な病害虫と防除手法などについて講義し,総合的病害虫・雑草管理(IPM)の重要性に触れ,化学農薬に頼り過ぎず,環境に配慮した防除を行うよう学園生に呼びかけました。また,「農薬の選び方」では,ネギに対する水・洗剤・展着剤の付着比較の実演を交えながら,農薬の作用機構分類や展着剤について説明しました。さらに,「農薬の適正使用」では,農薬の定義や農薬使用時の遵守義務などについて説明し,いつ・どの圃場に・どんな薬剤を散布したかといった農薬使用の記録を取るよう習慣づけておくこと,更にそれを定期的に確認することの大切さを伝えました。

 講座前は「IPMを知らない」という学園生が多かったのですが,講座後には「今後IPMに取り組みたい」という意見が増えました。学園生にIPMや農薬の作用機構分類を理解してもらえ,有意義な講座となりました。

 

 

講義中の様子

 

実演に使用されたナガジロシタバ

このページに関するお問い合わせ

鹿行農林事務所行方地域農業改良普及センター 

茨城県行方市麻生1700-6行方合同庁舎内

電話番号:0299-72-0256

FAX番号:0299-72-1690

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?