ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

行方地域農業学園第6回講座「農業簿記講座」を開催しました!

12月11日(火曜日)と12日(水曜日)に平成30年度行方地域農業学園第6回講座「農業簿記講座」を行方合同庁舎で開催しました。10名の農業学園生が参加し、2日間にわたって複式簿記の目的と仕組みを学びました。

1日目は、普及センターの職員から、農業簿記の目的、青色申告のメリット、複式簿記の基本(簿記記帳の一連の流れ、仕訳帳や元帳、試算表等の書き方)等を学び、2日目は、学園生自身に演習問題を解いてもらい、今回の講座における学園生の理解を確認しました。講座後のアンケートでは、「内容が少し難しく、覚えるのが大変だった」と言う声が聞かれた一方で「基礎が分からないままだったので、学べてよかった」「自身の経営で取り組んでいきたい」などの意見も挙げられ、学園生が農業簿記の基礎を学ぶ良い機会になったようです。

普及センターでは今後も農業学園などを通して、担い手の資質向上を支援していきます。

(農業改革項目:強い経営体)

 

農業学園6回写真

このページに関するお問い合わせ

鹿行農林事務所行方地域農業改良普及センター 

茨城県行方市麻生1700-6行方合同庁舎内

電話番号:0299-72-0256

FAX番号:0299-72-1690

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?